【東京オートサロン2018】グッドイヤー、低燃費タイヤの新製品2モデルを発売

2018.01.12 自動車ニュース
「グッドイヤー・エフィシエントグリップ コンフォート」
「グッドイヤー・エフィシエントグリップ コンフォート」拡大

日本グッドイヤーは2018年1月12日、千葉・幕張メッセで開催中の東京オートサロン2018において、同社の低燃費タイヤブランドである「EfficientGrip(エフィシエントグリップ)」シリーズを拡充し、新たな乗用車用コンフォートタイヤ「エフィシエントグリップ コンフォート」およびSUV用コンフォートタイヤ「エフィシエントグリップ パフォーマンスSUV」を同年2月1日に発売すると発表した。

 
【東京オートサロン2018】グッドイヤー、低燃費タイヤの新製品2モデルを発売の画像拡大
「エフィシエントグリップ パフォーマンスSUV」
「エフィシエントグリップ パフォーマンスSUV」拡大
 
【東京オートサロン2018】グッドイヤー、低燃費タイヤの新製品2モデルを発売の画像拡大

快適性と静粛性がセリングポイント

グッドイヤーのエフィシエントグリップ・シリーズは、「効率よくグリップ」という名の通り、同社がグローバル展開しているコンフォートカテゴリーの低燃費タイヤブランド。日本市場では、2015年に「エフィシエントグリップ パフォーマンス」「エフィシエントグリップ エコEG01」「エフィシエントグリップSUV HP01」の3種がデビューしており、今回の2種を加え、計5パターンのラインナップとなる。

今回のエフィシエントグリップ コンフォートは、「EAGLE(イーグル)LS EXE」の後継製品にあたり、従来モデルからショルダーブロック配列の最適化を計るなどして静粛性を大幅に向上。また、乗り心地やハンドリング性能なども向上させた上で、“走り”にフォーカスしたイメージを持つ「イーグル」から「エフィシエントグリップ」にブランド名を変更し、コンフォート性能を中心に訴求していくという。

サイズ展開は165/60R14 75Hから245/35R20 95Wまでの全51サイズで、価格はオープン価格。

一方のエフィシエントグリップ パフォーマンスSUVは、併売されるエフィシエントグリップSUV HP01以上のオンロード性能を持つハイパフォーマンスSUVタイヤとアピールされており、SUV HP01と比べ、パターンノイズが低減したほか、ドライ/ウエットブレーキ性能およびハンドリング性能が向上しているという。

こちらは225/65R17 102Hから275/40R20 102Vまでの全25サイズ展開で、いずれもオープン価格で扱われる。

(webCG)

関連キーワード:
タイヤ・スタッドレスタイヤ, 東京オートサロン2018, グッドイヤー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事