ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売

2018.01.17 自動車ニュース
「ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8」
「ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8」拡大

英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8エンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。英国での車両価格は15万ポンド(約2280万円)から。ジャガー・ランドローバー・ジャパンによれば、日本市場への輸入および販売の予定はない。

 
ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売の画像拡大
 
ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売の画像拡大
 
ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売の画像拡大

2016年1月に生産終了したランドローバー・ディフェンダーが限定車としてよみがえる。今回発表されたディフェンダー ワークスV8には405psと515Nmを生み出す5リッターV8自然吸気ガソリンエンジンが搭載されており、0-60mph(約97km/h)加速を5.6秒でこなす。最高速は106mph(約171km/h。リミッター作動)。

トランスミッションはスポーツモードを備えたZF製の8段ATで、ブレーキは強化されており、ハンドリングキット(スプリング、ダンパー、アンチロールバー)が組み込まれている。タイヤサイズは265/65R18。オールテレインタイヤが装着されている。

ホイールベースは、モデル名で「90」と呼ばれるショートタイプと、「110」と呼ばれるロングタイプが用意される。また今後、ガソリンエンジンだけでなく、ディーゼルエンジン搭載車を加える予定もあるという。

(webCG)

◆「ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8」のより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
ディフェンダー, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー ディフェンダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク(4WD/9AT)【海外試乗記】 2019.4.5 試乗記 ランドローバーのベストセラーSUV「レンジローバー イヴォーク」がフルモデルチェンジ。将来の電動化も見据えたという新たなプラットフォームを手にした新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。ギリシャ・アテネで試乗した。
  • 第1回:認定中古車のレンジローバー イヴォークを試す 2019.4.26 ランドローバーに認定中古車という選択肢<PR> 英国が誇るSUVの老舗、ランドローバーのモデルを手に入れるのなら、認定中古車という選択肢は大いにアリ。ラグジュアリーコンパクトSUVの先駆けである「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の試乗を通し、リポーターがそう結論づけた理由とは?
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.15 試乗記 アウディ スポーツが開発を手がけた、「A4」シリーズのトップモデル「RS 4アバント」に試乗。その走りは、ドイツで生まれた高性能マシンならではの“クールな全能性”を感じさせるものだった。
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • 第2回:ディスカバリー スポーツで知る認定中古車の魅力 2019.4.26 ランドローバーに認定中古車という選択肢<PR> 上質なクルマをお値打ち価格で手に入れたいというわがままに答えてくれる、正規ディーラーの認定中古車。その実力を確かめるべく、「ジャガー・ランドローバー・アプルーブド足立」を訪問。「ディスカバリー スポーツ」の試乗を通して実際にクオリティーを確かめた。
ホームへ戻る