スズキ、“ネオレトロ”な新型「SV650X ABS」を発売

2018.01.23 自動車ニュース
「スズキSV650X ABS」
「スズキSV650X ABS」拡大

スズキは2018年1月22日、カフェレーサースタイルの新型二輪車「SV650X ABS」を、同年1月26日に発売すると発表した。価格は78万1920円。

 
スズキ、“ネオレトロ”な新型「SV650X ABS」を発売の画像拡大

“ネオレトロ”なカフェレーサーをイメージ

SV650X ABSは、ロードスポーツバイク「SV650 ABS」をベースに、カフェレーサースタイルに仕上げたモデル。ヘッドライトカウルやセパレートハンドル、タックロールシートなどの“スポーツカスタム”の要素を取り入れたほか、燃料タンクには「SUZUKI」の文字を入れ、レトロな印象でまとめているのが特徴。2017年秋に開催された東京モーターショーで世界初公開された。

同車の主な特徴は以下のとおり。

<SV650X ABSの主な特徴>

デザイン・装備

  • レトロな印象の、カフェレーサースタイルの個性的な外観。
  1. 左右のスリットでアクセント付けしたヘッドライトカウル。
  2. カフェレーサースタイルを強調するセパレートハンドル。
  3. シート座面を立体感のある仕上がりにしたタックロールシート。
  4. 「SUZUKI」の文字を入れた燃料タンク。
  • 車体色はグレー「オールトグレーメタリックNo.3」を設定。
  • プリロード調整式のフロントフォーク。
  • 黒色のレバー、フットステップおよびペダルを装備。
  • ヘッドライトの下にオプションでフォグランプを装着可能。
  • スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけで、ECMがスターターモーターを回転させてエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」を採用。また、ニュートラル時はクラッチレバーを握らなくても始動可能とした。
  • 前後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの利きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐABSを標準装備。

エンジン・車体

  • 645cc水冷90度V型2気筒エンジン
  • 発進時や低回転走行時に、エンジン回転数、ギアポジション、スロットル開度等の情報を用いて、エンジン回転数をわずかに上げる「ローRPMアシスト」を採用し、発進や停車を繰り返す市街地走行などでの操作性を向上させた。
  • スリムで軽量な車体(装備重量197kg)により、街乗りからツーリングまで幅広い走行条件において、軽快で優れたハンドリング性能を実現。

年間目標販売台数は500台。

(webCG)

関連キーワード:
SV650X, スズキ, バイク, 自動車ニュース

スズキ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・カタナ 2019.5.24 画像・写真 19年のときを経て、最新の二輪技術とともに復活したスズキのネイキッドスポーツモデル「KATANA(カタナ)」。コンセプト然としたフォルムから、細部にいたるまで、随所に作り手のこだわりが込められたそのスタイリングを、写真で紹介する。
  • スズキ・ジクサーSF250(MR/6MT)【レビュー】 2020.7.10 試乗記 伊達(だて)な見た目より中身で勝負。スズキが満を持して投入した250ccクラスの最新モデル「ジクサーSF250」は、久々の復活を遂げた油冷エンジンの強みを存分に生かした、走りにおいて妥協のない実直なマシンに仕上がっていた。
  • スズキVストローム1050XT(MR/6MT)【レビュー】 2020.6.26 試乗記 往年のパリ-ダカールラリー出場マシンをほうふつとさせるカラーリングをまとい、スズキから新型のアドベンチャーツアラー「Vストローム1050」が登場。リッタークラスのエンジンを搭載する、スズキ製アドベンチャーのフラッグシップモデルを試す。
  • スズキ・カタナ(MR/6MT)【レビュー】 2019.8.21 試乗記 2018年にドイツで発表されるや、世界中のベテランライダーをアッと驚かせた新生「スズキ・カタナ」。その走りは、「カタナ」を名乗るのにふさわしいものなのか? オリジナルにも詳しい後藤 武が、新型の仕上がりを報告する。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
ホームへ戻る