ジープ史上最速の「グランドチェロキー トラックホーク」登場

2018.01.26 自動車ニュース
「ジープ・グランドチェロキー トラックホーク」
「ジープ・グランドチェロキー トラックホーク」拡大

FCAジャパンは2018年1月25日、ジープブランドのフラッグシップSUV「グランドチェロキー」に、新たなトップグレードとなる「Trackhawk(トラックホーク)」を追加設定し、受注を開始した。

 
ジープ史上最速の「グランドチェロキー トラックホーク」登場の画像拡大
 
ジープ史上最速の「グランドチェロキー トラックホーク」登場の画像拡大
 
ジープ史上最速の「グランドチェロキー トラックホーク」登場の画像拡大
 
ジープ史上最速の「グランドチェロキー トラックホーク」登場の画像拡大

最高出力は707hp、最大トルクは875Nm

グランドチェロキー トラックホークは、オフロード性能に加えて、サーキットでの走行性能も追求したハイパフォーマンスSUVである。ジープ史上最速であることがうたわれている。

そのパワーユニットは、最高出力707hpと最大トルク875Nmを発生する6.2リッターV8スーパーチャージャー付きエンジン。8段ATを介して4輪を駆動し、動力性能は、0-60mph(約97km/h)加速が3.5秒、最高速度が180mph(約290km/h)と公表される。

足まわりには、フロント6ピストン、リア4ピストンのブレンボ製ブレーキキャリパー(イエロー塗装)と大径ブレーキディスク、ビルシュタイン製の可変減衰力機能付きサスペンションが装着される。

エクステリアでは、大開口タイプのフロントバンパーやリップスポイラーなどにより、高性能モデルとしての存在感を主張。一方、インテリアでは標準のスエード・ナッパレザーシートに加えて、ラグーナレザーシート(64万8000円のオプション)も設定される。さらに、インフォテインメントシステムとして、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応した第4世代の「Uconnect」車載情報システムも備えている。

ボディーカラーは「ビレットシルバーメタリックC/C」や「ブライトホワイトC/C」など、全9色が設定される。

価格は1230万円。

(webCG)

 

関連キーワード:
グランドチェロキー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ グランドチェロキー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • アウディA3スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.6.8 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディA3スポーツバック」に試乗。導入記念の限定モデル「ファーストエディション」を郊外に連れ出し、低燃費化とプレミアムな走りを両立させるという1リッター直3ターボ+48Vマイルドハイブリッドの仕上がりを確かめた。
  • 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が日本上陸 2021.6.15 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年6月15日、新型「ゴルフ」の国内導入を発表し、同日より販売を開始した。8代目となる新型では装備のデジタル化とパワートレインの電動化を進めたほか、ドライバーアシスタンスシステムの強化を図っている。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
  • メルセデス・ベンツEQA250(FWD)【試乗記】 2021.5.31 試乗記 電気自動車のラインナップ強化にいそしむメルセデス・ベンツから、コンパクトSUVタイプの新型車「EQA」が登場。取り回しのしやすさや、デイリーユースでの使い勝手のよさなどがうたわれるニューモデルの仕上がりを報告する。
ホームへ戻る