クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ジープ・グランドチェロキーLサミットリザーブ(4WD/8AT)

受け継がれる魂 2022.02.18 試乗記 世界中で人気を博すSUVブランドのジープ。そのフラッグシップモデルである新型「グランドチェロキー」が日本に導入された。フルモデルチェンジを経て、より上質に、豪華に進化した5代目にも受け継がれる、アメリカンSUVならではの魅力を報告する。

プラットフォームはイタリア系

それを必要とする人だけが買う、旧態依然とした泥臭いプロダクト。そんなジープのブランドイメージを刷新し、民生への門戸を大きく広げたモデルが1983年に登場した2代目のXJ型「チェロキー」、そしてそのアーキテクチャーを共有するZJ型グランドチェロキーだ。特に快適装備や加飾を充実させたグランドチェロキーの登場は、後のSUV市場の興隆を刺激したと言っても過言ではないだろう。

その後、2代目以降は当時提携関係にあったダイムラーの技術が随所に反映されたものとなったが、5代目となるこのWL型では、ついにFCAのソリューションが100%生かされたモデルへと変貌を遂げている。

ベースとなるアーキテクチャーは、同門のアルファ・ロメオがラインナップするFR系モデル「ジュリア」や「ステルヴィオ」が用いる「ジョルジオ」だ。ちなみにステルヴィオの全長・全幅・ホイールベースがおのおの4690・1905・2820mmなのに対して、新型グランドチェロキーは4915・1980・2960mm、そして今回日本に導入された3列シートのロングボディーモデル「グランドチェロキーL」は、5200・1980・3090mmとなる。その車格はイタリアの兄弟に対して軽くふたまわりは大きい。志半ばで亡くなったセルジオ・マルキオンネの肝いりだったというジョルジオが、相当な拡張性を秘めたプラットフォームだということが伝わってくる。ちなみにマセラティが開発しているSUVの「グレカーレ」にも、このアーキテクチャーが採用されるという。

5代目「グランドチェロキー」の3列シートモデルである「グランドチェロキーL」。米国では2列5人乗りの、“L”の字がつかない「グランドチェロキー」も販売されている。
5代目「グランドチェロキー」の3列シートモデルである「グランドチェロキーL」。米国では2列5人乗りの、“L”の字がつかない「グランドチェロキー」も販売されている。拡大
上級グレードの「サミットリザーブ」には「ブラック」のモノトーンと「テュペロブラウン/ブラック」のツートンの2種類の内装色を用意。試乗車には後者が採用されていた。
上級グレードの「サミットリザーブ」には「ブラック」のモノトーンと「テュペロブラウン/ブラック」のツートンの2種類の内装色を用意。試乗車には後者が採用されていた。拡大
メーターに替えて装備されるフル液晶の「EVIC(エレクトロニックビークルインフォメーションセンター)」。表示の種類は5種類から選択可能だ。
メーターに替えて装備されるフル液晶の「EVIC(エレクトロニックビークルインフォメーションセンター)」。表示の種類は5種類から選択可能だ。拡大

メカに見るオフロードへの構え

グランドチェロキーLのラインナップは2つ。本国仕様の6グレードのうち、「リミテッド」と「サミットリザーブ」の2つが日本に導入されている。今回の試乗車両はサミットリザーブ。従来の最上級グレードであった「サミット」のさらに上、その意は超頂点とでも解すればいいのか、ともあれ一番いいやつだ。

リミテッドとの差異は価格差相応に加飾や装備面、ADAS機能やナイトビジョンの有無など多岐に及ぶが、走行機能面で最も大きい違いはサスペンションにコイルではなくエアスプリングを用いることだろう。乗降や積載時に重宝する低床状態から、ガレ場や川を越えるための高床状態まで、5段階・106mmの可変幅での車高調整が可能となっており、走りのシチュエーションに応じて5つのドライブモードを選べる「セレクテレイン」との連動だけでなく、任意での調整も可能だ。

縦置きで搭載するエンジンは伝統の「ペンタスター」ユニットの最新バージョン。オールアルミの3.6リッターV6自然吸気は、最高出力286PS、最大トルク344N・mを発生する。これに組み合わされるトランスミッションは8段ATとなり、トランスファーに副変速機を備えるフルタイム4WDシステム「クォドラトラックII」が採用されるなど、悪路走破性は駆動系にもしっかり織り込まれた。

センターコンソールに備わるダイヤル式のシフトセレクター。走行モード切り替え機構「セレクテレインシステム」やエアサスペンション、副変速機などの操作スイッチもここに配置される。
センターコンソールに備わるダイヤル式のシフトセレクター。走行モード切り替え機構「セレクテレインシステム」やエアサスペンション、副変速機などの操作スイッチもここに配置される。拡大
センターモニターに表示されたエアサスペンションとドライブトレインの作動状態。ロードクリアランスは通常時が212mmで、オフロード走行時には最大で277mm(従来モデル比+9%)まで高めることができる。最大渡河深度は609.6mmと公称されている。
センターモニターに表示されたエアサスペンションとドライブトレインの作動状態。ロードクリアランスは通常時が212mmで、オフロード走行時には最大で277mm(従来モデル比+9%)まで高めることができる。最大渡河深度は609.6mmと公称されている。拡大
「ペンタスター」と呼ばれる3.6リッターV6エンジンは、2010年登場の先代「グランドチェロキー」から導入されたクライスラー/ジープ/ダッジではおなじみのユニットだ。使用燃料がレギュラーガソリンなのがうれしい。
「ペンタスター」と呼ばれる3.6リッターV6エンジンは、2010年登場の先代「グランドチェロキー」から導入されたクライスラー/ジープ/ダッジではおなじみのユニットだ。使用燃料がレギュラーガソリンなのがうれしい。拡大

装備はまさに至れり尽くせり

サミットリザーブは3列のシートレイアウトながら2列目を独立2座のキャプテンシートとすることで、乗車定員がリミテッドの7人に対して6人となっている。リアエアコンも左右独立式となり、手動式ながらリミテッドにはないウィンドウシェードも備える。ショーファードリブン的な用途も意識しているのか、装備の充実ぶりは後席に陣取っても感じられるところだ。一方で、3列目のシートもやっつけ的なものではない。大人でも極端に膝を曲げる必要はなく、短距離であれば苦もなく座っていられる姿勢がとれる。

シートやトリムに上質な鞣(なめ)しのレザーがおごられた内装は、本杢目(ほんもくめ)のオーナメントやサテンクロームのトリムなどえりすぐりのマテリアルで彩られており、その上質感は「キャデラックXT6」にも見劣りのないところに達している。ことサミットリザーブについては、その質感は今までのジープブランドのイメージを大きく覆すものであることは間違いない。ADAS(先進運転支援システム)もフルスペックなら、インフォテインメント系もMcIntoshのオーディオシステムが標準搭載と、ともあれ装備は至れり尽くせり。後に加えたくなりそうなものが思い浮かばないほどだ。

数値的には「レクサスLX」に近いかより大きいかという巨体ゆえ、その取りまわしに苦労するかと思いきや、車両のつかみやすさは望外なほど優れていた。真っすぐ寄りのボンネット形状や水平な窓枠など、視界にまつわるあれやこれやに奇をてらったところがないのが奏功しているのだろう。このあたりは、オフロード走行で最も重要なのは視認性だということをきちんと知るメーカーゆえの実直さだろうか。さすがに後退や側方などの確認はカメラに頼ることも多いが、映像はクリアで情報量も十分だ。

「サミットリザーブ」に装備される上質なパレルモレザーのシート。前席には12wayのメモリー機能付き電動調整機構やヒーター、ベンチレーション機能、マッサージ機能が装備されている。
「サミットリザーブ」に装備される上質なパレルモレザーのシート。前席には12wayのメモリー機能付き電動調整機構やヒーター、ベンチレーション機能、マッサージ機能が装備されている。拡大
2列目シートは左右独立式で、こちらもヒーターやベンチレーション機能を搭載。座席の間には大きなセンターコンソールが備わっており、3列目へのウオークスルーはできない。
2列目シートは左右独立式で、こちらもヒーターやベンチレーション機能を搭載。座席の間には大きなセンターコンソールが備わっており、3列目へのウオークスルーはできない。拡大
全長5.2mという大柄なクルマだけに、3列目シートにも十分な空間を確保。カップホルダーやUSB Type-A/USB Type-Cポートも装備されている。
全長5.2mという大柄なクルマだけに、3列目シートにも十分な空間を確保。カップホルダーやUSB Type-A/USB Type-Cポートも装備されている。拡大
「サミットリザーブ」ではオーディオに米McIntosh(マッキントッシュ)のプレミアムサウンドシステムを採用。車内には実に18基ものスピーカーと10インチのサブウーハーが搭載されている。
「サミットリザーブ」ではオーディオに米McIntosh(マッキントッシュ)のプレミアムサウンドシステムを採用。車内には実に18基ものスピーカーと10インチのサブウーハーが搭載されている。拡大

受け継がれるアメリカ車の味わい

今回は残念ながらオンロードのみでの試乗となったが、走りのフィーリングはジョルジオうんぬんの出自から想像していたよりも、がぜんアメリカンSUVのタッチだった。発進から低中速域にかけての速度コントロールのしやすさや、その域での巨大なバネ下を若干持て余しながらのおうような乗り心地は、欧州銘柄とは一線を画する、いい意味での頼もしさを覚える。エンジンのトルクは有り余るほどではないにせよ車格に対して十分で、ちょっとザラみのある音質にも牧歌的なムードが感じられなくもない。

とはいえ、そこはショートストロークの自然吸気ユニットとなるペンタスターだ。最高出力や最大トルクの発生回転域は今日日どちらかといえばレーシーかと思うほどで、回すほどに快音とともに活気づく、そのにぎにぎしさと低中速域での穏やかなイメージのギャップにちょっと笑いがこみ上げてくる。

ハンドリングは、その高回転域でのキャラクターにしっかり呼応した頼もしいものだった。四駆特有のアンダー傾向は控えめで、アクセルオンでも挙動はニュートラルに推移するからドライバーは安心して手綱を握ることができる。変速のつながりも前型に比べるとはっきりとタイトで、シフトスピードも小気味よい。このあたりは世界のライバルをしっかりキャッチアップしているということだろう。

とはいえ、それは数多い引き出しのひとつだ。新型グランドチェロキーの真骨頂は、急がず飛ばさず淡々とロングツーリングをこなし、想像するに手抜きはないだろうオフロード性能をもってジープだけが見せてくれる景色を眺めに行くことだと思う。グローバル化が世の隅々に及ぶなか、ちゃんとアメリカ車らしい味わいを忘れないでいてくれたことが、個人的にはうれしかった。

(文=渡辺敏史/写真=荒川正幸/編集=堀田剛資)

駆動システムには、前後駆動力配分の可変制御が可能なセンターデフ式フルタイム4WD「クォドラトラックII」を採用。センターデフロックと副変速機が搭載されており、ローレンジのギア比は2.716となっている。
駆動システムには、前後駆動力配分の可変制御が可能なセンターデフ式フルタイム4WD「クォドラトラックII」を採用。センターデフロックと副変速機が搭載されており、ローレンジのギア比は2.716となっている。拡大
運転支援システムの充実度はグレードによって異なり、「サミットリザーブ」には車線維持支援機能や、交通標識の読み取り機能、縦列駐車と並列駐車の両方に対応したパークアシスト機能などが装備される。
運転支援システムの充実度はグレードによって異なり、「サミットリザーブ」には車線維持支援機能や、交通標識の読み取り機能、縦列駐車と並列駐車の両方に対応したパークアシスト機能などが装備される。拡大
「サミットリザーブ」の専用装備である「インテリア リアフェイシングカメラ」。2・3列目シートの乗員(小さな子供など)の様子を確認するためのアイテムで、拡大表示機能や分割表示機能なども備わる。
「サミットリザーブ」の専用装備である「インテリア リアフェイシングカメラ」。2・3列目シートの乗員(小さな子供など)の様子を確認するためのアイテムで、拡大表示機能や分割表示機能なども備わる。拡大
ボディーカラーは全4色。「サミットリザーブ」で「バルティックグレーメタリック」を選択すると、ルーフがブラックで塗り分けられたツートンカラーとなる。
ボディーカラーは全4色。「サミットリザーブ」で「バルティックグレーメタリック」を選択すると、ルーフがブラックで塗り分けられたツートンカラーとなる。拡大

テスト車のデータ

ジープ・グランドチェロキーLサミットリザーブ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5200×1980×1795mm
ホイールベース:3090mm
車重:2250kg
駆動方式:4WD
エンジン:3.6リッターV6 DOHC 24バルブ
トランスミッション:8段AT
最高出力:286PS(210kW)/6400rpm
最大トルク:344N・m(35.1kgf・m)/4000rpm
タイヤ:(前)275/45R21 110H/(後)275/45R21 110H(ピレリPゼロ)
燃費:7.7km/リッター(WLTCモード)
価格:999万円/テスト車=1006万0400円
オプション装備:なし ※以下、販売店オプション フロアマット(7万0400円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:1523km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4)/高速道路(6)/山岳路(0)
テスト距離:278.4km
使用燃料:40.1リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:6.9km/リッター(満タン法)/6.9km/リッター(車載燃費計計測値)

ジープ・グランドチェロキーLサミットリザーブ
ジープ・グランドチェロキーLサミットリザーブ拡大
 
ジープ・グランドチェロキーLサミットリザーブ(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
 
ジープ・グランドチェロキーLサミットリザーブ(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
 
ジープ・グランドチェロキーLサミットリザーブ(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ジープ グランドチェロキー の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。