第625回:本領はオフロードにあり 「チェロキー/グランドチェロキー」にみるジープの“強み”

2020.08.01 エディターから一言
ジープのオフロード試乗会にて、雑草生い茂る急斜面へと臨む「グランドチェロキー」。
ジープのオフロード試乗会にて、雑草生い茂る急斜面へと臨む「グランドチェロキー」。拡大

群馬県・白馬でジープのオフロード試乗会に参加。現場では、試乗記でも紹介した「ラングラー ルビコン」に加え、「チェロキー」「グランドチェロキー」の“プチ試乗”もかなった。今日的なSUVの先駆けともなったチェロキーシリーズに触れて感じた、他のブランドにはないジープの強みとは?

「グランドチェロキー」は、Dセグメント以上の輸入ラージサイズSUV市場において、輸入車の定番たる“ドイツ御三家”のモデルを抑え、2019年の販売台数No.1に輝いた。
「グランドチェロキー」は、Dセグメント以上の輸入ラージサイズSUV市場において、輸入車の定番たる“ドイツ御三家”のモデルを抑え、2019年の販売台数No.1に輝いた。拡大
高級車ならではの上質なインテリア。モダンなデザインだが、オフロード車に求められる走行感覚の分かりやすさ、視界の広さもおろそかにはされていない。
高級車ならではの上質なインテリア。モダンなデザインだが、オフロード車に求められる走行感覚の分かりやすさ、視界の広さもおろそかにはされていない。拡大
駆動システムには、走行モード切り替え機構やローレンジ付きのフルタイム4WDを採用。都会的なスタイリングのモデルながら、ドライブトレインは“クロカン”のそれだ。
駆動システムには、走行モード切り替え機構やローレンジ付きのフルタイム4WDを採用。都会的なスタイリングのモデルながら、ドライブトレインは“クロカン”のそれだ。拡大

実は“クラスNo.1”の人気者

輸入もののラージサイズSUV……と聞けば、まず思い浮かべるのはメルセデス・ベンツの「GLE」やBMWの「X5」といったモデルたち。他にも「アウディQ7」や「ポルシェ・カイエン」、「ランドローバー・レンジローバー」に「ボルボXC90」、果ては「ロールス・ロイス・カリナン」「ベントレー・ベンテイガ」「ランボルギーニ・ウルス」なんてのも加わり、富裕層御用達の一大カテゴリーと化しているわけです。

で、これらの中で昨年(2019年)一番売れたクルマはなんでしょう? と問われれば、「うーん、なんだかんだで話題になっちゃったX5かな」と思ったりするわけですが、実はそれを抑えてトップをとったモデルがあるんです。それは「ジープ・グランドチェロキー」。2019年の販売台数は1743台で、X5に約350台の差をつけています。知った時はその意外さに、思わず「へぇーっ」と間抜けな声をあげてしまいました。

グラチェロが売れている、その最大の理由はやはり“コスパ”でしょう。トヨタの「ランドクルーザープラド」を上回る堂々たる車体に、ゆとりの3.6リッターV6エンジンを搭載。本格的なローレンジも備えた4WDが、コイルサスで524万円、地上高が稼げるエアサス付きでも566万円からと、大人気の「ラングラー」にも並ぶお値段で手に入るわけです。恐らくこの2車種は、ディーラーにおいて好対照かつ相互補完的な役割を果たしているのではないでしょうか。

ジープ グランドチェロキー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る