【F1 2018 速報】第3戦中国GP、リカルドが逆転勝利

2018.04.15 自動車ニュース

F1世界選手権第3戦中国GPの決勝が、2018年4月15日、中国の上海インターナショナル・サーキット(5.451km)を56周して行われた。

フェラーリの開幕3連勝を何としても阻止したかったメルセデス勢。ピットストップのタイミングでバルテリ・ボッタスがセバスチャン・ベッテルからトップの座を奪い、シルバーアローの今季初優勝かと思われた。しかし、レース中盤のセーフティーカーを機にフレッシュタイヤに変えたレッドブル勢が、戦況をも一変させてしまった。

真っ先にチェッカードフラッグをくぐり抜けたのは、レッドブル・タグ・ホイヤーを駆るダニエル・リカルド。見事な切れ味のオーバーテイクを随所で見せ、6番グリッドから優勝。2017年6月の第8戦アゼルバイジャンGP以来となる自身通算6勝目を飾った。

レース終盤のフィンランド人同士の2位争いを制したのは、メルセデスのバルテリ・ボッタス。キャリア100戦目をポディウムの最上段で祝いたかったが、セーフティーカーで勝機を逸した。

3位に入ったのはフェラーリのキミ・ライコネン。ゴール目前まで同郷のボッタスを追い回したが、抜くには至らなかった。

4番手でゴールしたのはレッドブルのマックス・フェルスタッペンだったが、ベッテルとの接触の責任を問われて10秒加算のペナルティーを受け、結果5位に。メルセデス のルイス・ハミルトンは予選4位から4位完走といいところなく終わった。

ルノーのニコ・ヒュルケンベルグが7番グリッドから6位、マクラーレン・ルノーのフェルナンド・アロンソは7位。ポールシッターのベッテルは、フェルスタッペンとの接触後スピードを失い、8位でレースを終えた。カルロス・サインツJr.が9位でフィニッシュし、ルノーはダブル入賞。そして10位にはハース・フェラーリのケビン・マグヌッセンが入り、最後の1点を獲得した。

以下、11位エステバン・オコン(フォースインディア・メルセデス)、12位セルジオ・ペレス(フォースインディア)、13位ストフェル・バンドールン(マクラーレン)、14位ランス・ストロール(ウィリアムズ・メルセデス)、15位セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)、16位マーカス・エリクソン(ザウバー・フェラーリ)、17位ロメ・グロジャン(ハース)、18位ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)、19位シャルル・ルクレール(ザウバー)、20位ブレンドン・ハートレー(トロロッソ)と全車完走となった。

ドライバーズチャンピオンシップをリードするのは、3戦して54点を獲得しているベッテル。ランキング2位ハミルトンとの差は17点から9点に縮まった。3位はボッタスで40点、4位リカルド37点、5位ライコネン30点と続く。

コンストラクターズチャンピオンシップは、メルセデスがフェラーリを逆転し85点、フェラーリは1点差で2位に落ちた。3位に上がったレッドブルは55点、4位マクラーレン28点、5位ルノー25点という上位陣の顔ぶれとなる。

(文=bg)
 

 
【F1 2018 速報】第3戦中国GP、リカルドが逆転勝利の画像拡大

関連キーワード:
F1 2018, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事