マクラーレン、特別な仕立てが魅力の「570Sスパイダー」を受注開始

2018.04.24 自動車ニュース
「デザインエディション4」という仕様が採用された「マクラーレン570Sスパイダー」。
「デザインエディション4」という仕様が採用された「マクラーレン570Sスパイダー」。拡大

英マクラーレン・オートモーティブは2018年4月19日(現地時間)、「570Sスパイダー」に5種類の「デザインエディション」を設定し、オーダーの受け付けを開始した。

「デザインエディション4」では、ルーフもボディーカラーと同色の「オニキス・ブラック」でコーディネートされている。
「デザインエディション4」では、ルーフもボディーカラーと同色の「オニキス・ブラック」でコーディネートされている。拡大
内装には「カーボンブラック」のアルカンターラ素材を採用。各部に施された「マクラーレン・オレンジ」のアクセントが目を引く。
内装には「カーボンブラック」のアルカンターラ素材を採用。各部に施された「マクラーレン・オレンジ」のアクセントが目を引く。拡大
パーフォレーテッドナッパレザーを使用したシート。
パーフォレーテッドナッパレザーを使用したシート。拡大

570Sスパイダー デザインエディションは、マクラーレンのデザインチームが各部のカラーリングやトリムを選定し、コーディネートした仕様である。ユーザーがそれぞれのオプションを個別に選ぶよりもリーズナブルな価格設定となっており、また、このデザインエディションをベースに、「カーボンファイバーインテリア」へのアップグレードやエクステリアコンポーネントの追加などといった、さらなるパーソナライゼーションも可能となっている。

ボディーカラーは、「シリカ・ホワイト」「ストーム・グレイ」「バーミリアン・レッド」「オニキス・ブラック」「ベガ・ブルー」の5種類の「スペシャル・ボディー・ペイント」で、おのおのの色にマッチした「Byマクラーレン・デザイナーインテリア」が組み合わされる。また、ホイールの仕上げやブレーキキャリパーの色、ならびに「Spider」のロゴが施された2ピース構造の電動開閉式リトラクタブルハードトップも、マクラーレンのデザインチームによってコーディネートがなされている。

(webCG)
 

関連キーワード:
570S スパイダー, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.9.25 試乗記 圧倒的な動力性能を持つスーパーカーでありながら、快適性や利便性も徹底追求したという「マクラーレンGT」。南仏コート・ダジュールでそのステアリングを握った筆者は、新機軸というべき走りに驚かされたのだった。
  • マクラーレン600LTスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2019.8.8 試乗記 全方位的な改良によって走りを追求したマクラーレンの高性能モデル「600LT」に、電動ハードトップを持つ「スパイダー」が登場。“硬”と“軟”、2つのキャラクターを併せ持つ最新モデルに試乗し、完璧を求めるマクラーレンの哲学に触れた。
  • マクラーレン650S スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2014.7.22 試乗記 主力のスーパースポーツ「12C」とスペシャルモデル「P1」の技術が盛り込まれた、マクラーレンの最新作「650S」。その実力や、いかに? オープンバージョン「650S スパイダー」に、一般道で試乗した。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.11.23 試乗記 フランスのミドシップスポーツモデル「アルピーヌA110」に、ハイパフォーマンスグレードの「A110S」が追加された。よりパワフルなエンジンと引き締められた足まわりで、その走りはどう変わったのか? ポルトガルのエストリルサーキットから報告する。
ホームへ戻る