マクラーレン、特別な仕立てが魅力の「570Sスパイダー」を受注開始

2018.04.24 自動車ニュース
「デザインエディション4」という仕様が採用された「マクラーレン570Sスパイダー」。
「デザインエディション4」という仕様が採用された「マクラーレン570Sスパイダー」。拡大

英マクラーレン・オートモーティブは2018年4月19日(現地時間)、「570Sスパイダー」に5種類の「デザインエディション」を設定し、オーダーの受け付けを開始した。

「デザインエディション4」では、ルーフもボディーカラーと同色の「オニキス・ブラック」でコーディネートされている。
「デザインエディション4」では、ルーフもボディーカラーと同色の「オニキス・ブラック」でコーディネートされている。拡大
内装には「カーボンブラック」のアルカンターラ素材を採用。各部に施された「マクラーレン・オレンジ」のアクセントが目を引く。
内装には「カーボンブラック」のアルカンターラ素材を採用。各部に施された「マクラーレン・オレンジ」のアクセントが目を引く。拡大
パーフォレーテッドナッパレザーを使用したシート。
パーフォレーテッドナッパレザーを使用したシート。拡大

570Sスパイダー デザインエディションは、マクラーレンのデザインチームが各部のカラーリングやトリムを選定し、コーディネートした仕様である。ユーザーがそれぞれのオプションを個別に選ぶよりもリーズナブルな価格設定となっており、また、このデザインエディションをベースに、「カーボンファイバーインテリア」へのアップグレードやエクステリアコンポーネントの追加などといった、さらなるパーソナライゼーションも可能となっている。

ボディーカラーは、「シリカ・ホワイト」「ストーム・グレイ」「バーミリアン・レッド」「オニキス・ブラック」「ベガ・ブルー」の5種類の「スペシャル・ボディー・ペイント」で、おのおのの色にマッチした「Byマクラーレン・デザイナーインテリア」が組み合わされる。また、ホイールの仕上げやブレーキキャリパーの色、ならびに「Spider」のロゴが施された2ピース構造の電動開閉式リトラクタブルハードトップも、マクラーレンのデザインチームによってコーディネートがなされている。

(webCG)
 

関連キーワード:
570S スパイダー, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン720Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2020.6.2 試乗記 50km/hまでであれば走行中でも開閉可能な電動リトラクタブルルーフを有す、マクラーレンのオープンモデル「720Sスパイダー」に試乗。720PSの大パワーとオープンエアドライブの組み合わせを、ワインディングロードで味わった。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
ホームへ戻る