マクラーレン、特別な仕立てが魅力の「570Sスパイダー」を受注開始

2018.04.24 自動車ニュース
「デザインエディション4」という仕様が採用された「マクラーレン570Sスパイダー」。
「デザインエディション4」という仕様が採用された「マクラーレン570Sスパイダー」。拡大

英マクラーレン・オートモーティブは2018年4月19日(現地時間)、「570Sスパイダー」に5種類の「デザインエディション」を設定し、オーダーの受け付けを開始した。

「デザインエディション4」では、ルーフもボディーカラーと同色の「オニキス・ブラック」でコーディネートされている。
「デザインエディション4」では、ルーフもボディーカラーと同色の「オニキス・ブラック」でコーディネートされている。拡大
内装には「カーボンブラック」のアルカンターラ素材を採用。各部に施された「マクラーレン・オレンジ」のアクセントが目を引く。
内装には「カーボンブラック」のアルカンターラ素材を採用。各部に施された「マクラーレン・オレンジ」のアクセントが目を引く。拡大
パーフォレーテッドナッパレザーを使用したシート。
パーフォレーテッドナッパレザーを使用したシート。拡大

570Sスパイダー デザインエディションは、マクラーレンのデザインチームが各部のカラーリングやトリムを選定し、コーディネートした仕様である。ユーザーがそれぞれのオプションを個別に選ぶよりもリーズナブルな価格設定となっており、また、このデザインエディションをベースに、「カーボンファイバーインテリア」へのアップグレードやエクステリアコンポーネントの追加などといった、さらなるパーソナライゼーションも可能となっている。

ボディーカラーは、「シリカ・ホワイト」「ストーム・グレイ」「バーミリアン・レッド」「オニキス・ブラック」「ベガ・ブルー」の5種類の「スペシャル・ボディー・ペイント」で、おのおのの色にマッチした「Byマクラーレン・デザイナーインテリア」が組み合わされる。また、ホイールの仕上げやブレーキキャリパーの色、ならびに「Spider」のロゴが施された2ピース構造の電動開閉式リトラクタブルハードトップも、マクラーレンのデザインチームによってコーディネートがなされている。

(webCG)
 

関連キーワード:
570S スパイダー, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン720Sスパイダー(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.3.1 試乗記 マクラーレンの新たなオープントップモデル「720Sスパイダー」に試乗。先行デビューしたクーペ「720S」とは違ったドライビングプレジャーや、両車に共通する走りの特徴について、アメリカ・アリゾナ州から報告する。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7AT)【試乗記】 2019.1.8 試乗記 「ガレージを飾るのではなく、コーナーを攻め込むための一台」とアピールされる「ポルシェ911カレラT」。ワインディングロードでむちを当ててみると、たしかに「これぞ911」というピュアな走りを楽しむことができた。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • 歴代のV8モデルをオマージュ!
    「フェラーリF8トリブート」を読み解く
    2019.3.20 デイリーコラム 2019年のジュネーブモーターショーでデビューした「フェラーリF8トリブート」には、「ディーノ308GT4」以来、連綿と続いてきたV8モデルへのオマージュが込められているという。そのポイントを識者が解説する。
  • 「ボルボXC90」に高出力ディーゼル搭載の「D5」追加設定 2019.3.1 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2019年3月1日、「XC90」にシリーズ初となるディーゼル搭載モデル「D5」を追加設定し、同日に販売を開始した。D5はボルボのディーゼルラインナップで最も高出力のパワーユニットで、最高出力235ps、最大トルク480Nmを発生する。
ホームへ戻る