マクラーレン、特別な仕立てが魅力の「570Sスパイダー」を受注開始

2018.04.24 自動車ニュース
「デザインエディション4」という仕様が採用された「マクラーレン570Sスパイダー」。
「デザインエディション4」という仕様が採用された「マクラーレン570Sスパイダー」。拡大

英マクラーレン・オートモーティブは2018年4月19日(現地時間)、「570Sスパイダー」に5種類の「デザインエディション」を設定し、オーダーの受け付けを開始した。

「デザインエディション4」では、ルーフもボディーカラーと同色の「オニキス・ブラック」でコーディネートされている。
「デザインエディション4」では、ルーフもボディーカラーと同色の「オニキス・ブラック」でコーディネートされている。拡大
内装には「カーボンブラック」のアルカンターラ素材を採用。各部に施された「マクラーレン・オレンジ」のアクセントが目を引く。
内装には「カーボンブラック」のアルカンターラ素材を採用。各部に施された「マクラーレン・オレンジ」のアクセントが目を引く。拡大
パーフォレーテッドナッパレザーを使用したシート。
パーフォレーテッドナッパレザーを使用したシート。拡大

570Sスパイダー デザインエディションは、マクラーレンのデザインチームが各部のカラーリングやトリムを選定し、コーディネートした仕様である。ユーザーがそれぞれのオプションを個別に選ぶよりもリーズナブルな価格設定となっており、また、このデザインエディションをベースに、「カーボンファイバーインテリア」へのアップグレードやエクステリアコンポーネントの追加などといった、さらなるパーソナライゼーションも可能となっている。

ボディーカラーは、「シリカ・ホワイト」「ストーム・グレイ」「バーミリアン・レッド」「オニキス・ブラック」「ベガ・ブルー」の5種類の「スペシャル・ボディー・ペイント」で、おのおのの色にマッチした「Byマクラーレン・デザイナーインテリア」が組み合わされる。また、ホイールの仕上げやブレーキキャリパーの色、ならびに「Spider」のロゴが施された2ピース構造の電動開閉式リトラクタブルハードトップも、マクラーレンのデザインチームによってコーディネートがなされている。

(webCG)
 

関連キーワード:
570S スパイダー, マクラーレン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン720Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2020.6.2 試乗記 50km/hまでであれば走行中でも開閉可能な電動リトラクタブルルーフを有す、マクラーレンのオープンモデル「720Sスパイダー」に試乗。720PSの大パワーとオープンエアドライブの組み合わせを、ワインディングロードで味わった。
  • トヨタ・アクアG(4WD/CVT)【試乗記】 2021.9.4 試乗記 2011年の誕生以来、売れに売れたハイブリッド専用のコンパクトハッチバック「トヨタ・アクア」。期待を胸に試乗した2代目は果たして、これぞトヨタ車というべき堅実さと乗り味を持ち合わせていた。
  • トヨタ・アクアZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.8.24 試乗記 フルモデルチェンジしたトヨタのハイブリッドカー「アクア」に試乗。新しくなった内外装や、世界初となるバイポーラ型ニッケル水素電池が搭載されたパワートレインの仕上がりを確かめながら、同門のコンパクトカー「ヤリス」との違いを探った。
  • マクラーレン720Sスパイダー(前編) 2021.2.21 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が今回試乗するのは、F1マシン譲りのテクノロジーが注ぎ込まれた「マクラーレン720Sスパイダー」。最高出力720PSの4リッターV8ツインターボを搭載する、オープンスーパースポーツの印象は?
  • マクラーレン720S(前編) 2021.1.10 思考するドライバー 山野哲也の“目” 最高出力720PSの4リッターV8ツインターボをカーボンモノコックシャシーにミドシップした「マクラーレン720S」は、F1コンストラクター直系ともいえるハイパーカーだ。レーシングドライバー山野哲也は、その仕上がりをどうジャッジする!?
ホームへ戻る