マクラーレン、特別な仕立てが魅力の「570Sスパイダー」を受注開始

2018.04.24 自動車ニュース
「デザインエディション4」という仕様が採用された「マクラーレン570Sスパイダー」。
「デザインエディション4」という仕様が採用された「マクラーレン570Sスパイダー」。拡大

英マクラーレン・オートモーティブは2018年4月19日(現地時間)、「570Sスパイダー」に5種類の「デザインエディション」を設定し、オーダーの受け付けを開始した。

「デザインエディション4」では、ルーフもボディーカラーと同色の「オニキス・ブラック」でコーディネートされている。
「デザインエディション4」では、ルーフもボディーカラーと同色の「オニキス・ブラック」でコーディネートされている。拡大
内装には「カーボンブラック」のアルカンターラ素材を採用。各部に施された「マクラーレン・オレンジ」のアクセントが目を引く。
内装には「カーボンブラック」のアルカンターラ素材を採用。各部に施された「マクラーレン・オレンジ」のアクセントが目を引く。拡大
パーフォレーテッドナッパレザーを使用したシート。
パーフォレーテッドナッパレザーを使用したシート。拡大

570Sスパイダー デザインエディションは、マクラーレンのデザインチームが各部のカラーリングやトリムを選定し、コーディネートした仕様である。ユーザーがそれぞれのオプションを個別に選ぶよりもリーズナブルな価格設定となっており、また、このデザインエディションをベースに、「カーボンファイバーインテリア」へのアップグレードやエクステリアコンポーネントの追加などといった、さらなるパーソナライゼーションも可能となっている。

ボディーカラーは、「シリカ・ホワイト」「ストーム・グレイ」「バーミリアン・レッド」「オニキス・ブラック」「ベガ・ブルー」の5種類の「スペシャル・ボディー・ペイント」で、おのおのの色にマッチした「Byマクラーレン・デザイナーインテリア」が組み合わされる。また、ホイールの仕上げやブレーキキャリパーの色、ならびに「Spider」のロゴが施された2ピース構造の電動開閉式リトラクタブルハードトップも、マクラーレンのデザインチームによってコーディネートがなされている。

(webCG)
 

関連キーワード:
570S スパイダー, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・エルヴァ 2020.12.3 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブ・アジア日本支社は2020年12月3日、東京・六本木において、世界限定149台のみが販売される「マクラーレン・エルヴァ」の実車を日本で初披露した。ブルーとオレンジのガルフカラーをまとったエルヴァの姿を写真で紹介する。
  • 世界149台限定の「マクラーレン・エルヴァ」 ガルフカラーをまとって日本上陸 2020.12.3 自動車ニュース マクラーレン・オートモーティブ・アジア日本支社は2020年12月3日、東京・六本木において「マクラーレン・エルヴァ」の実車を日本で初披露した。同モデルは少量生産の「アルティメットシリーズ」に属し、世界限定149台のみが販売される。
  • マクラーレン720Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2020.6.2 試乗記 50km/hまでであれば走行中でも開閉可能な電動リトラクタブルルーフを有す、マクラーレンのオープンモデル「720Sスパイダー」に試乗。720PSの大パワーとオープンエアドライブの組み合わせを、ワインディングロードで味わった。
  • マクラーレン・エルヴァ 2020.4.6 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブは2020年4月6日、新型ハイパーカー「エルヴァ」のモックアップを日本で初公開した。「オーナーに新しいドライビングエンゲージメントを提供する」という世界限定249台のスピードスターのディテールを、写真で紹介する。
  • 販売終了まで待ったなし! 今こそホンダの軽スポーツ「S660」を買うべきか? 2021.3.24 デイリーコラム クルマ好きには寝耳に水だった、「ホンダS660」生産終了のニュース。その期限となる2022年3月末までは、あと1年ほどしかない……。われわれクルマ好きは、この軽スポーツカーを今こそ買うべきなのだろうか!?
ホームへ戻る