ネクセンからスタッドレスタイヤの新製品「ウィンガード アイス2」登場

2018.08.06 自動車ニュース

ネクセンタイヤジャパンは、乗用車用スタッドレスタイヤの新製品「WINGUARD ice2(ウィンガード アイス2)」を2018年9月1日より順次発売する。

ウィンガード アイス2は、スタッドレスタイヤの基本性能ともいえる、アイス性能のさらなる向上を第一に開発された新製品であり、氷上でのブレーキング性能と雪上での走破性を高次元で両立しているという。

具体的には、低温でも柔軟性を失わず、高温でもゴムの剛性を保つ新開発のソフトコンパウンド「アドバンスド・ソフトコンパウンド」を用いることで、氷雪路でのブレーキング性能を向上させている。

また氷雪路でもドライ路でも十分な接地面を確保するため、サイプには路面接地時にブロック同士がかみ合い、ブロックの倒れこみを防ぐ「3Dサイプ」を採用。イン側には雪上でのトラクション性能を重視したデザインを、アウト側にはコーナリング性能とグリップ力を重視したデザインを用いるという、左右非対称形状のトレッドパターンも特徴となっている。

サイズバリエーションは145/80R13から245/45R18までの全34種類(一部のサイズは2018年10月発売予定)。オープン価格での販売となる。

(webCG)
 

「ネクセン・ウィンガード アイス2」
「ネクセン・ウィンガード アイス2」拡大
 
ネクセンからスタッドレスタイヤの新製品「ウィンガード アイス2」登場の画像拡大
 
ネクセンからスタッドレスタイヤの新製品「ウィンガード アイス2」登場の画像拡大

関連キーワード:
タイヤ・スタッドレスタイヤ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事