「ホンダN-BOXスラッシュ」にブラウンルーフの特別仕様車登場

2018.11.01 自動車ニュース
「ホンダN-BOXスラッシュ ノヴァカントリースタイル」
「ホンダN-BOXスラッシュ ノヴァカントリースタイル」拡大

本田技研工業は2018年11月1日、軽乗用車「N-BOXスラッシュ」に特別仕様車「NOVA COUNTRY STYLE(ノヴァカントリースタイル)」を設定し、11月2日に発売すると発表した。

 
「ホンダN-BOXスラッシュ」にブラウンルーフの特別仕様車登場の画像拡大
 
「ホンダN-BOXスラッシュ」にブラウンルーフの特別仕様車登場の画像拡大
 
「ホンダN-BOXスラッシュ」にブラウンルーフの特別仕様車登場の画像拡大
 
「ホンダN-BOXスラッシュ」にブラウンルーフの特別仕様車登場の画像拡大
 
「ホンダN-BOXスラッシュ」にブラウンルーフの特別仕様車登場の画像拡大

今回のN-BOXスラッシュ ノヴァカントリースタイルは、「G・L」グレードをベースに、ブラウン基調のアクセントを施したもの。ボディーカラーは「プラチナホワイトパール」「アッシュグリーンメタリック」「サーフブルー」を基本に、それぞれルーフとドアミラーをブラウンとした2トーンカラーを採用した。

機能装備では、運転席&助手席シートヒーターとステアリングヒーターを標準装備としている。

特別装備の内容は以下の通り。

【エクステリア】

  • ブラウンペイントフロントグリル
  • ブラウンルーフ
  • ブラウンドアミラー
  • 14インチスチールホイール+カラードディッシュホイール(ブラウン)

【インテリア】

  • 本革巻きステアリングホイール
  • ブラウンペイントインパネガーニッシュ
  • ブラウンペイントドアオーナメントパネル
  • クロームメッキ加飾
  • 運転席&助手席シートヒーター
  • ステアリングヒーター

価格はFF車が158万9760円で、4WD車が172万0440円。

(webCG)

関連キーワード:
N-BOXスラッシュ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-BOXスラッシュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
ホームへ戻る