【東京オートサロン2019】ホンダがモータースポーツ活動計画を発表

2019.01.11 自動車ニュース
2019年シーズン、ホンダのマシンで戦うワークスライダー/ドライバーたち。2018年シーズンのSUPER GTにおいて、GT500クラスのドライバーチャンピオンに輝いた「チームクニミツ」の山本尚貴(右端)とジェンソン・バトン(右端から2番目)も参列。
2019年シーズン、ホンダのマシンで戦うワークスライダー/ドライバーたち。2018年シーズンのSUPER GTにおいて、GT500クラスのドライバーチャンピオンに輝いた「チームクニミツ」の山本尚貴(右端)とジェンソン・バトン(右端から2番目)も参列。拡大

ホンダは2019年1月11日、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2019」(開催期間:2019年1月11日~13日)において、2019年のモータースポーツ活動計画を発表した。今年はマン島T.T.レース参戦60周年の節目であり、二輪/四輪とも最高峰レースへの参戦を継続するとしている。

東京オートサロン2019において、ホンダのモータースポーツ活動計画発表会に登壇した本田技研工業執行役員の森山克英ブランドコミュニケーション本部長。
東京オートサロン2019において、ホンダのモータースポーツ活動計画発表会に登壇した本田技研工業執行役員の森山克英ブランドコミュニケーション本部長。拡大
2019年シーズンの参戦体制とワークスドライバーを紹介した本田技研工業の山本雅史モータースポーツ部部長。
2019年シーズンの参戦体制とワークスドライバーを紹介した本田技研工業の山本雅史モータースポーツ部部長。拡大

二輪モータースポーツでは、FIMロードレース世界選手権MotoGPクラスにおいて、3年連続5度目のチャンピオンを獲得したマルク・マルケスに加え、3度MotoGPチャンピオンを経験しているホルヘ・ロレンソが「レプソルホンダチーム」に加入。新体制で3年連続となるMotoGPタイトル3冠達成を目指す。FIMスーパーバイク世界選手権では、ホンダ・レーシング(HRC)が「モリワキアルテアレーシング」をサポートし、参戦体制を強化するという。

全日本選手権においてもロードレース、モトクロス、トライアルの最高峰クラスに参戦。モトクロス、トライアルの連覇と、ロードレースでのタイトル奪還を目指し、2017年以来となる全日本選手権3大タイトル制覇に挑む。

四輪モータースポーツのグローバル活動では、パワーユニットサプライヤーとして参戦するFIAフォーミュラワン世界選手権(F1)において、「スクーデリアトロロッソ」に加え、「レッドブルレーシング」へのパワーユニット供給を開始し、さらなる進化を目指す考えである。FIAフォーミュラツー選手権(F2)、FIAフォーミュラスリー選手権(F3)への若手ドライバー参戦など、F1を目指すドライバーのチャレンジもサポートする。北米においてはインディカーシリーズに、佐藤琢磨が2018年シーズンと同様に「レイホールレターマンラニガンレーシング」から参戦すると発表した。

国内の四輪レースでは2018年シーズン、SUPER GTのGT500クラスにおいて、2018年シーズンに「チームクニミツ」の山本尚貴/ジェンソン・バトンがチャンピオンを獲得。全日本スーパーフォーミュラ選手権においても山本尚貴がドライバーズチャンピオンを獲得し、ダブルチャンピオンに輝くという実績を残した。2019年シーズンは、チーム体制とドライバーの変更を行い、2018年シーズンと同様に「NSX-GT」を使用し5チーム5台体制で連覇に臨む。

(webCG)

関連キーワード:
モーターショー, 東京オートサロン2019, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事