【オートモビル カウンシル2019】「百花繚乱80's」をテーマに国内5ブランドが共同出展

2019.04.05 自動車ニュース
日産フェアレディZ
日産フェアレディZ拡大

日産自動車と本田技研工業、スバル、トヨタ自動車、レクサスインターナショナルは、千葉・幕張メッセで開催中の自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビル カウンシル2019)」に、1980年代のクルマを中心とした共同企画を出展した。

ホンダ・シティ カブリオレ
ホンダ・シティ カブリオレ拡大
スバル・アルシオーネ
スバル・アルシオーネ拡大
スバル・レガシィツーリングワゴン
スバル・レガシィツーリングワゴン拡大
トヨタ・カリーナED
トヨタ・カリーナED拡大
トヨタMR2
トヨタMR2拡大
レクサスLS400
レクサスLS400拡大

共同出展のテーマは「百花繚乱80's」。ブースに並んでいるのは「日産フェアレディZ」「ホンダ・シティ カブリオレ」「スバル・アルシオーネ」「スバル・レガシィツーリングワゴン」「トヨタ・カリーナED」「トヨタMR2」「レクサスLS400」の7車種で、いずれも1980年代にデビューを飾った人気モデルだ。

今回、メーカー/ブランド5社が参集したのは、2018年のオートモビル カウンシルがきっかけだ。当時のトヨタブースでは、「元気!! ニッポン 1960s!」をテーマにトヨタの「2000GT」や「パブリカスポーツ」に加えて、1964年の東京オリンピックで聖火を運んだ「日産セドリック」も出展。メーカーの垣根を越えた展示が話題となった。これに手応えを感じたトヨタが国内メーカーに共同展示を提案し、今回実現に至ったという。

会場で行われたプレスカンファレンスでは、トヨタ博物館の増茂浩之副館長があいさつに立ち、ブースのテーマとした1980年代は、独創性や品質などで欧米メーカーに追いつけ追い越せという努力が開花した、日本車にとって非常に重要な時期であったことを説明。また、各メーカーの担当者同士が1980年代当時の話題で盛り上がるなど、展示の準備が和やかなムードで進んだことを明かした一方で、「対象が現行車だったら、みんな対抗心が出てしまうので展示が成立しないでしょうね」とコメントし、会場の笑いを誘った。

(webCG)

関連キーワード:
オートモビル カウンシル2019, モーターショー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事