モノトーンで統一した「ジープ・レネゲード」の特別仕様車登場

2019.06.03 自動車ニュース
ジープ・レネゲード ナイトイーグル
ジープ・レネゲード ナイトイーグル拡大

FCAジャパンは2019年6月3日、ジープのコンパクトSUV「レネゲード」に特別仕様車「Night Eagle(ナイトイーグル)」を設定し、同年6月15日に発売すると発表した。

インテリアには、グロスブラックのエアコン吹き出し口ベゼルやソフトタッチ素材のドア内張り、革巻きステアリングホイールなどを特別装備する。
インテリアには、グロスブラックのエアコン吹き出し口ベゼルやソフトタッチ素材のドア内張り、革巻きステアリングホイールなどを特別装備する。拡大

今回発売されるジープ・レネゲード ナイトイーグルは、専用のブラックアクセントにより内外装をスタイリッシュに演出した特別仕様車で、2018年8月に同様のコンセプトを用いた「コンパス」ベースのナイトイーグルも200台限定で発売されている。

エクステリアは、グロスブラックのアクセントカラーをフロントグリルやリアバンパーディフレクター、テールランプベゼルに採用。「Jeep」エンブレムや18インチアルミホイールも同じくグロスブラック仕上げとし、モノトーンで統一された独特の世界観が特徴となっている。

インテリアについては、グロスブラックのアクセントをエアコン吹き出し口のベゼルに採用したほか、ソフトタッチ素材のドア内張りや革巻きステアリングホイール、積載物に応じて荷室のフロア高を変更できボードの表裏を使い分けられるリバーシブルタイプのカーゴフロアを特別装備している。

安全面では、オートヘッドライトや雨量感知機能ワイパーを採用した。

ボディーカラーは、「カーボンブラックメタリック」と「スティンググレーC/C」の2色が設定され、前者が245台、後者が165台の限定販売。いずれもブラックの内装色が組み合わされている。

価格は314万円。

(webCG)

関連キーワード:
レネゲード, ジープ, 自動車ニュース

ジープ レネゲード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.14 試乗記 「スバル・インプレッサスポーツ」に新たな最上級グレードとなる「STI Sport」が追加された。車名とグレード名の双方に“スポーツ”と付くマニア待望のSTIチューニングモデルは、一体どんな走りをみせてくれるのだろうか。
  • アウディA3スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.6.8 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディA3スポーツバック」に試乗。導入記念の限定モデル「ファーストエディション」を郊外に連れ出し、低燃費化とプレミアムな走りを両立させるという1リッター直3ターボ+48Vマイルドハイブリッドの仕上がりを確かめた。
  • メルセデス・ベンツEQA250(FWD)【試乗記】 2021.5.31 試乗記 電気自動車のラインナップ強化にいそしむメルセデス・ベンツから、コンパクトSUVタイプの新型車「EQA」が登場。取り回しのしやすさや、デイリーユースでの使い勝手のよさなどがうたわれるニューモデルの仕上がりを報告する。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
ホームへ戻る