モノトーンで統一した「ジープ・レネゲード」の特別仕様車登場

2019.06.03 自動車ニュース
ジープ・レネゲード ナイトイーグル
ジープ・レネゲード ナイトイーグル拡大

FCAジャパンは2019年6月3日、ジープのコンパクトSUV「レネゲード」に特別仕様車「Night Eagle(ナイトイーグル)」を設定し、同年6月15日に発売すると発表した。

インテリアには、グロスブラックのエアコン吹き出し口ベゼルやソフトタッチ素材のドア内張り、革巻きステアリングホイールなどを特別装備する。
インテリアには、グロスブラックのエアコン吹き出し口ベゼルやソフトタッチ素材のドア内張り、革巻きステアリングホイールなどを特別装備する。拡大

今回発売されるジープ・レネゲード ナイトイーグルは、専用のブラックアクセントにより内外装をスタイリッシュに演出した特別仕様車で、2018年8月に同様のコンセプトを用いた「コンパス」ベースのナイトイーグルも200台限定で発売されている。

エクステリアは、グロスブラックのアクセントカラーをフロントグリルやリアバンパーディフレクター、テールランプベゼルに採用。「Jeep」エンブレムや18インチアルミホイールも同じくグロスブラック仕上げとし、モノトーンで統一された独特の世界観が特徴となっている。

インテリアについては、グロスブラックのアクセントをエアコン吹き出し口のベゼルに採用したほか、ソフトタッチ素材のドア内張りや革巻きステアリングホイール、積載物に応じて荷室のフロア高を変更できボードの表裏を使い分けられるリバーシブルタイプのカーゴフロアを特別装備している。

安全面では、オートヘッドライトや雨量感知機能ワイパーを採用した。

ボディーカラーは、「カーボンブラックメタリック」と「スティンググレーC/C」の2色が設定され、前者が245台、後者が165台の限定販売。いずれもブラックの内装色が組み合わされている。

価格は314万円。

(webCG)

関連キーワード:
レネゲード, ジープ, 自動車ニュース

ジープ レネゲード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • ジープ、新型「ラングラー」を10月25日に日本でお披露目 2018.10.1 自動車ニュース FCAジャパンが、新型「ジープ・ラングラー」を2018年10月25日に日本で正式発表する。新たに「JL」というコードネームが与えられた新型はラングラーとしては4代目にあたり、まずは導入記念限定車を含む3種類のモデルが日本に導入される。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.6 試乗記 実に11年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた「ジープ・ラングラー」。エンジンのダウンサイジング化やATの多段化などによって洗練されたのはいいものの、果たして人々が求める“ジープらしさ”は残っているのだろうか。4ドア・2リッターの「アンリミテッド スポーツ」に試乗した。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
ホームへ戻る