トヨタとスバルがEVの共同開発で合意

2019.06.07 自動車ニュース

トヨタ自動車とスバルは2019年6月6日、中・大型乗用車向けの電気自動車(EV)専用プラットフォーム、およびCセグメントクラスのSUVタイプのEVを、共同で開発することで合意したと発表した。両社は共同開発した車両をおのおののブランドで販売する予定で、トヨタの電動化技術とスバルの4WD技術を取り入れることで、魅力ある商品づくりにチャレンジするとしている。

トヨタとスバルは2005年に業務提携に合意して以降、2012年に共同開発のFRスポーツカー「トヨタ86」「スバルBRZ」を発売し、2018年にはスバルがトヨタの電動化技術を取り入れたプラグインハイブリッド車「クロストレック ハイブリッド」を米国で市場投入するなど、開発、生産、販売などさまざまな分野での協業を深めてきた。

今回の提携は、自動車メーカーにとって早急の対応が求められる、パワートレインの電動化という分野におけるもので、両社はお互いの得意とする技術を持ち寄り、可能な部分は協調することでその製品化を加速させながら、EV専用プラットフォームを共同開発していくとしている。同プラットフォームはCセグメントからDセグメントクラスのセダン、SUVなど複数車種への幅広い応用や、効率的な派生車開発にも対応できるものとして開発される予定だ。

なお、スバルは今回の提携にともない、これまで独自開発を中心に進めてきたEV開発をトヨタとの共同開発へシフトさせ、技術、開発、調達などの面でさらなる効率化を図るとともに、ユーザーにとって魅力あるEVの製品化を目指すとしている。

(webCG)

トヨタとスバルが共同開発するEV用プラットフォームのイメージ。
トヨタとスバルが共同開発するEV用プラットフォームのイメージ。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事