トヨタとスバルがEVの共同開発で合意

2019.06.07 自動車ニュース

トヨタ自動車とスバルは2019年6月6日、中・大型乗用車向けの電気自動車(EV)専用プラットフォーム、およびCセグメントクラスのSUVタイプのEVを、共同で開発することで合意したと発表した。両社は共同開発した車両をおのおののブランドで販売する予定で、トヨタの電動化技術とスバルの4WD技術を取り入れることで、魅力ある商品づくりにチャレンジするとしている。

トヨタとスバルは2005年に業務提携に合意して以降、2012年に共同開発のFRスポーツカー「トヨタ86」「スバルBRZ」を発売し、2018年にはスバルがトヨタの電動化技術を取り入れたプラグインハイブリッド車「クロストレック ハイブリッド」を米国で市場投入するなど、開発、生産、販売などさまざまな分野での協業を深めてきた。

今回の提携は、自動車メーカーにとって早急の対応が求められる、パワートレインの電動化という分野におけるもので、両社はお互いの得意とする技術を持ち寄り、可能な部分は協調することでその製品化を加速させながら、EV専用プラットフォームを共同開発していくとしている。同プラットフォームはCセグメントからDセグメントクラスのセダン、SUVなど複数車種への幅広い応用や、効率的な派生車開発にも対応できるものとして開発される予定だ。

なお、スバルは今回の提携にともない、これまで独自開発を中心に進めてきたEV開発をトヨタとの共同開発へシフトさせ、技術、開発、調達などの面でさらなる効率化を図るとともに、ユーザーにとって魅力あるEVの製品化を目指すとしている。

(webCG)

トヨタとスバルが共同開発するEV用プラットフォームのイメージ。
トヨタとスバルが共同開発するEV用プラットフォームのイメージ。拡大

関連キーワード:
CarScope, 電動化, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • T.50 NEW

    T.50

    2020.8.6画像・写真
    英国のゴードン・マレー・オートモーティブが新型スーパーカー「T.50」を発表した。最高出力663PSのV12エンジンを全長4352mmのコンパクトなボディーに積み、リアには空力などをコントロールする電動ファンを備えたニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • 第222回:子供だってトラックとワゴンの違いはわかります 『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』 NEW

    第222回:子供だってトラックとワゴンの違いはわかります 『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』

    2020.8.6読んでますカー、観てますカー
    ジークとアールとディックは売れないバンド仲間。練習と称してガレージに集まりバカ騒ぎしていると、あることが原因でディックが死んでしまう。殺人事件として捜査が進む中、自分たちが関わっていることを知られたくないジークとアールはその場しのぎのウソをつき痕跡を消そうとする。
  • BMW X3 M40d/BMWアルピナXD3(前編)【試乗記】 NEW

    BMW X3 M40d/BMWアルピナXD3(前編)【試乗記】

    2020.8.6試乗記
    「BMW X3 M40d」と「BMWアルピナXD3」。3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載する“似た者同士”の高性能SUVに試乗し、それぞれの特徴をリポートする。まずは前編、BMW X3 M40dから。
  • ホンダe(後編)

    ホンダe(後編)

    2020.8.5画像・写真
    ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
  • ホンダe(前編)

    ホンダe(前編)

    2020.8.5画像・写真
    ホンダが新型電気自動車「ホンダe」の日本仕様を公開した。ホンダeは、新開発のEV専用プラットフォームをベースに開発されたコンパクトモデルであり、WLTCモードで282kmの航続距離を実現している。まもなく発売される新型EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】

    トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】

    2020.8.5試乗記
    WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。