オフロード性能を強化した限定車 「ジープ・コンパス トレイルホーク」発売

2019.08.29 自動車ニュース
ジープ・コンパス トレイルホーク
ジープ・コンパス トレイルホーク拡大

FCAジャパンは2019年8月29日、「ジープ・コンパス」に特別仕様車「トレイルホーク」を設定し、同年9月7日に152台の台数限定で発売すると発表した。

 
オフロード性能を強化した限定車 「ジープ・コンパス トレイルホーク」発売の画像拡大
 
オフロード性能を強化した限定車 「ジープ・コンパス トレイルホーク」発売の画像拡大
 
オフロード性能を強化した限定車 「ジープ・コンパス トレイルホーク」発売の画像拡大
 
オフロード性能を強化した限定車 「ジープ・コンパス トレイルホーク」発売の画像拡大
 
オフロード性能を強化した限定車 「ジープ・コンパス トレイルホーク」発売の画像拡大

トレイルホークはジープ車の中でも特に優れたオフロード性能を有するモデルに冠される名称であり、今回のコンパス トレイルホークにも一定の性能試験をパスしたモデルのみに許された「TRAIL RATED」バッジが備わる。

パワートレインは最高出力175PS、最大トルク229N・mの2.4リッター直4エンジンと9段ATの組み合わせ。駆動方式はFWDをベースとしたオンデマンド型の4WDとなる。オフロード性能を強化する装備として、路面状況に合わせて「オート」「スノー」「サンド」「マッド」から走行モードを選択できる「セレクテレインシステム」を搭載する。

エクステリアにはマットブラックのボンネットデカールやブラックルーフに加えて、ボディーの随所にダークグレーやレッドのアクセントを採用。フロントサスペンションやトランスファーケース、フューエルタンクなどを保護するスキッドプレートも装備する。

インテリアには「TRAILHAWK」ロゴ入りのレザー/ファブリックシートやレッドのインテリアステッチなどが備わるほか、リバーシブルのカーゴフロアマットやラバーのフロアマットを装備。アウトドアでの利便性強化も図っている。

このほか、バイキセノンヘッドライトやクラッシュミティゲーション付きの前面衝突警報、車線逸脱警報など、カタログモデルにおける最上級グレード「リミテッド」に迫る水準の先進安全装備を備えている。

ボディーカラーは「モハベサンド」(限定80台)と「ブリリアントブラッククリスタル」(同72台)の全2色展開で、価格は413万6400円。

(webCG)

関連キーワード:
コンパス, ジープ, 自動車ニュース

ジープ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • ジープ、新型「ラングラー」を10月25日に日本でお披露目 2018.10.1 自動車ニュース FCAジャパンが、新型「ジープ・ラングラー」を2018年10月25日に日本で正式発表する。新たに「JL」というコードネームが与えられた新型はラングラーとしては4代目にあたり、まずは導入記念限定車を含む3種類のモデルが日本に導入される。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.6 試乗記 実に11年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた「ジープ・ラングラー」。エンジンのダウンサイジング化やATの多段化などによって洗練されたのはいいものの、果たして人々が求める“ジープらしさ”は残っているのだろうか。4ドア・2リッターの「アンリミテッド スポーツ」に試乗した。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
ホームへ戻る