ダイハツがコンパクトカー「ブーン スタイル」にツートンカラー外装車に充実装備の特別仕様車を設定

2019.10.01 自動車ニュース
ブーン スタイル“ホワイトリミテッドSA III”
ブーン スタイル“ホワイトリミテッドSA III”拡大

ダイハツ工業は2019年10月1日、コンパクトカー「ブーン」シリーズに特別仕様車「スタイル“ホワイトリミテッドSA III”」および「スタイル“ブラックリミテッドSA III”」を設定し、同日、発売した。

“ホワイトリミテッドSA III”のインテリア。
“ホワイトリミテッドSA III”のインテリア。拡大
ブーン スタイル“ブラックリミテッドSA III”
ブーン スタイル“ブラックリミテッドSA III”拡大
“ブラックリミテッドSA III”のインテリア。
“ブラックリミテッドSA III”のインテリア。拡大

今回の特別仕様車はブーンの「スタイル“SA III”」をベースに、“ホワイトリミテッドSA III”はホワイトのルーフカラーが、“ブラックリミテッドSA III”はブラックのルーフカラーが採用されている。これまで「ブーン シルク」のみに設定されていたブラックルーフを、スタイルでも選べるようになったのがポイントだ。

両モデルに採用される特別装備は以下の通り。

  • ボディー同色ドアアウターハンドル
  • スーパーUV&IRカット機能付きフロントドアガラス
  • スーパーUVカット機能付きスモークドリアドアガラス
  • スーパーUVカット機能付きスモークドリアガラス
  • LEDフォグランプ
  • オート電動格納式ドアミラー(キーフリー連動/ホワイト)
  • ガンメタ塗装+つやありブラック塗装フロントグリル
  • ガンメタ塗装フロントフォグランプベゼル
  • リングガンメタ塗装リアリフレクター
  • メッキシフトレバーボタン
  • メッキインナードアハンドル
  • パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック
  • ツートンボディーカラー

上記に加え、“ブラックリミテッドSA III”では下記の装備が採用されている。

  • 「シルク」用スエード調トリコットシート表皮
  • ピアノブラック調プッシュパネルスイッチ式オートエアコン
  • ピアノブラック調エアコンパネル加飾
  • シルバー+カッパー加飾エアコンレジスター/オーディオパネル
  • パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック

価格はブーン スタイル“ホワイトリミテッドSA III”、ブーン スタイル“ブラックリミテッドSA III”ともに、FF車が163万9000円で、4WD車が183万8100円。

(webCG)

関連キーワード:
ブーン, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ ブーン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ブーン シルク“Gパッケージ SA II”/トヨタ・パッソX“Gパッケージ”【試乗記】 2016.5.11 試乗記 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」が3代目にモデルチェンジ。2社による共同開発をやめ、ダイハツが企画、開発、生産を担う新体制のもとに誕生した新型の実力はいかに? その出来栄えを試すとともに、これからのトヨタとダイハツのあるべき関係を考えた。
  • ホンダ・フィット プロトタイプ【試乗記】 2019.12.16 試乗記 2020年2月の発売が予告されている、4代目「ホンダ・フィット」。メーカーの期待を背負うコンパクトカーは、ユーザーを満足させるクルマに仕上がっているか? 開発用のテストコースで、その実力を確かめた。
  • 「ダイハツ・ブーン」をスポーティーにメイクアップ 2017.10.3 自動車ニュース ダイハツ工業は2017年10月3日、小型乗用車「ブーン」の上級グレード「シルク」にアクセサリーパーツのパッケージ商品である「SPORZA(スポルザ)リミテッドパッケージ」を設定し、販売を開始した。
  • ダイハツ・ブーンX“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.5.30 試乗記 軽自動車で培われたノウハウをどのように生かしているのか? トヨタとの共同開発をやめ、ダイハツ一社が企画から生産までを担って誕生した3代目「ダイハツ・ブーン」。ベーシックな「X“SA II”」グレードを借り出し、その実力を確かめた。
  • 東京オートサロン2020(ダイハツ) 2020.1.12 画像・写真 ダイハツは東京オートサロン2020で軽クロスオーバー「TAFT(タフト)コンセプト」を初公開したほか、コンパクトSUV「ロッキー」や「コペンGRスポーツ」「タント」などをベースとしたカスタマイズカーを展示。終日来場者で賑わったブースの模様を写真で紹介する。
ホームへ戻る