東京モーターショー2019

三菱は2台のコンセプトカーを世界初公開【東京モーターショー2019】

2019.10.23 自動車ニュース
東京モーターショー2019における三菱ブースの様子。
東京モーターショー2019における三菱ブースの様子。拡大

三菱自動車は2019年10月23日に開幕した第46回東京モーターショーにおいて、「MI-TECH CONCEPT(マイテックコンセプト)」および「SUPER HEIGHT K-WAGON CONCEPT(スーパーハイト軽ワゴンコンセプト)」の、2台のコンセプトカーを世界初公開した。

三菱マイテックコンセプト
三菱マイテックコンセプト拡大
スーパーハイト軽ワゴンコンセプト
スーパーハイト軽ワゴンコンセプト拡大
エンゲルベルクツアラー
エンゲルベルクツアラー拡大
eKクロス
eKクロス拡大
エクリプス クロス
エクリプス クロス拡大
RVR
RVR拡大
三菱自動車の加藤隆雄CEOは、ルノー、日産といったアライアンスメンバーと協力し、CASEなどに対応すると語った。
三菱自動車の加藤隆雄CEOは、ルノー、日産といったアライアンスメンバーと協力し、CASEなどに対応すると語った。拡大

「自動車業界は大きな変革期を迎えており、CASEや新しいモビリティーサービスへの対応が迫られている。当社はルノー・日産アライアンスの一員としてこれらの新技術に対応していきたい」。プレスカンファレンスの冒頭であいさつに立ち、開口一番にこう語ったのは三菱自動車の加藤隆雄CEO。三菱ブースは日産、ルノー、アルピーヌブースと並んで東京ビッグサイトの西展示棟1階に展開されており、アライアンスとしての結束の強さを示しているかのようだ。

加藤CEOによってお披露目されたマイテックコンセプトはオープントップ2シーターの小型SUVコンセプトだ。パワーユニットはガスタービンエンジンとモーターを組み合わせたPHEVで、ガスタービンエンジンの採用によって既存のガソリンPHEVよりも大幅な小型化を実現している。駆動方式は4WDで、モーター2基で構成する三菱独自の技術「デュアルモーターAYC」を前後輪それぞれに搭載した4モーター方式を採用する。

開発テーマは「光と風を感じながら、大地を駆け抜けるスモールサイズの電動SUV」。人とクルマを守る機能と高い動力性能を表現したという「ダイナミックシールドフロントフェイス」や金属の塊を大胆にカットしたような力強いボディーの面構成、大きく張り出した前後フェンダーと大径タイヤによって、SUVとしての力強さと機動力の高さ、そして大地をつかむ安定感を表現した。

一方のスーパーハイト軽ワゴンコンセプトはその名の通り、三菱の次世代の軽スーパーハイトワゴンの姿を示すコンセプトカーだ。明言はされなかったものの、「eKスペース」の時期型となるのは間違いのないところで、2019年度内に発売されるという。

先行してデビューした軽ハイトワゴン「eKクロス」と同様、三菱の最新デザインランゲージの採用によって力強さを表現したうえで、スーパーハイトワゴンならではの居住空間と使い勝手のよさを実現。運転支援技術「MI-PILOT」を搭載するなどして、乗る人すべてに安心と安全を提供するという。

このほか三菱ブースには、2019年のジュネーブ国際モーターショーで世界初公開したミッドサイズの電動SUVコンセプト「エンゲルベルクツアラー」のほか、「デリカD:5」や「エクリプス クロス」をはじめとした現行のモデルラインナップが展示されている。

(webCG)

関連キーワード:
東京モーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事