ブラックアクセントでキリリと 「三菱RVRブラックエディション」登場

2019.12.12 自動車ニュース
三菱RVRブラックエディション
三菱RVRブラックエディション拡大

三菱自動車は2019年12月12日、コンパクトSUV「RVR」に特別仕様車「ブラックエディション」を設定し、販売を開始した。

 
ブラックアクセントでキリリと 「三菱RVRブラックエディション」登場の画像拡大
写真左から「アウトランダー ブラックエディション」「RVRブラックエディション」「エクリプス クロス ブラックエディション」。
写真左から「アウトランダー ブラックエディション」「RVRブラックエディション」「エクリプス クロス ブラックエディション」。拡大

三菱RVRブラックエディションは上級グレード「G」をベースに、ブラックのアクセントカラーで飾ったエクステリアが特徴だ。ブラックエディションは2018年末に「エクリプス クロス」「アウトランダー」「ミラージュ」にも設定されており、RVRはそれらに続く第4弾となる。

フロントマスクにはピアノブラックとブラックを組み合わせた専用のグリルを採用。18インチアルミホイールもブラック塗装としたほか、ドアミラーをブラックマイカに、ベルトラインをブラックでコーディネートしている。また、通常はオプションとなるルーフレールを標準装備とした。ボディーカラーは「レッドダイヤモンド」「サンシャインオレンジメタリック」「ホワイトパール」「チタニウムグレーメタリック」「ブラックマイカ」の全5色展開。

インテリアにはスエード調素材と合成皮革のコンビシートを採用。赤ステッチ入りの本革巻きステアリングホイールと本革巻きシフトノブ、本革巻きパーキングブレーキレバーに加えて、運転席の電動調節機構と運転席および助手席のシートヒーター、アルミペダルも装備する。

価格はFF車が244万8600円で、4WD車が268万9500円。

(webCG)

関連キーワード:
RVR, 三菱, 自動車ニュース

三菱 RVR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.0ターボ スプリント(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.5 試乗記 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にインフォテインメントシステムや先進運転支援装備(ADAS)を強化した大規模改良モデルが登場。往年の名跡「スプリント」を襲う新グレードで、その仕上がりを確かめた。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • 第634回:こんなカーライフがあったのか! ホンダ車中泊用アクセサリーのすすめ 2020.11.13 エディターから一言 クルマのオプション&アクセサリーといえば、カーナビ? それともエアロ? ホンダアクセスが開発したさまざまなアイテムは、「使って泊まれる道具」としてのクルマの魅力を、うんと高めるものだった。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 SE(前編) 2020.11.12 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が、クロスカントリーの雄「ランドローバー・ディフェンダー」に試乗。谷口が抱いていたイメージを覆すほどの、新型の走りのポテンシャルとは?
ホームへ戻る