ブラックアクセントでキリリと 「三菱RVRブラックエディション」登場

2019.12.12 自動車ニュース
三菱RVRブラックエディション
三菱RVRブラックエディション拡大

三菱自動車は2019年12月12日、コンパクトSUV「RVR」に特別仕様車「ブラックエディション」を設定し、販売を開始した。

 
ブラックアクセントでキリリと 「三菱RVRブラックエディション」登場の画像拡大
写真左から「アウトランダー ブラックエディション」「RVRブラックエディション」「エクリプス クロス ブラックエディション」。
写真左から「アウトランダー ブラックエディション」「RVRブラックエディション」「エクリプス クロス ブラックエディション」。拡大

三菱RVRブラックエディションは上級グレード「G」をベースに、ブラックのアクセントカラーで飾ったエクステリアが特徴だ。ブラックエディションは2018年末に「エクリプス クロス」「アウトランダー」「ミラージュ」にも設定されており、RVRはそれらに続く第4弾となる。

フロントマスクにはピアノブラックとブラックを組み合わせた専用のグリルを採用。18インチアルミホイールもブラック塗装としたほか、ドアミラーをブラックマイカに、ベルトラインをブラックでコーディネートしている。また、通常はオプションとなるルーフレールを標準装備とした。ボディーカラーは「レッドダイヤモンド」「サンシャインオレンジメタリック」「ホワイトパール」「チタニウムグレーメタリック」「ブラックマイカ」の全5色展開。

インテリアにはスエード調素材と合成皮革のコンビシートを採用。赤ステッチ入りの本革巻きステアリングホイールと本革巻きシフトノブ、本革巻きパーキングブレーキレバーに加えて、運転席の電動調節機構と運転席および助手席のシートヒーター、アルミペダルも装備する。

価格はFF車が244万8600円で、4WD車が268万9500円。

(webCG)

関連キーワード:
RVR, 三菱, 自動車ニュース

三菱 RVR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • キャデラックXT4プラチナム(4WD/9AT)【試乗記】 2021.4.3 試乗記 キャデラックのSUV製品群のエントリーモデルに位置する「XT4」が、いよいよ日本に導入された。その実力は、市場の先達でもある日欧のライバルに比肩するものなのか? キャデラックならではの個性は残されているのか? ゼネラルモーターズの期待を背負うニューモデルを試す。
  • 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)【試乗記】 2010.11.1 試乗記 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)
    ……476万7000円

    「ポスト新長期規制」に適合するクリーンディーゼルエンジンを手に入れた「三菱パジェロ」。名実ともにパワーアップした旗艦モデルをオンロードで試した。
  • 「オートモビル カウンシル2021」の会場から(スピニングガレージ) 2021.4.10 画像・写真 カルマンが手がけた「ゴルフ カブリオレ」に、珍しくて懐かしい「ゴルフ カントリー」の姿も。オートモビル カウンシルの会場から、「フォルクスワーゲン・ゴルフII」のスペシャリストであるスピニングガレージの展示を紹介する。
ホームへ戻る