クルマのラインナップを2倍に拡充 トヨタが月額クルマ利用サービス「KINTO」を大幅に強化

2019.12.16 自動車ニュース

トヨタ自動車は2019年12月16日、自動車のサブスクリプションサービス「KINTO(キント)」について、ラインナップする車種を拡充するなど内容を大幅に強化し、2020年1月15日より順次提供を開始すると発表した。

より幅広いニーズに対応すべく車種とサービス内容を拡充

KINTOとは、毎月定額の料金を支払うことで3年にわたりクルマを利用できるサブスクリプションサービスである。トヨタ車の中から1台のクルマを利用する「KINTO ONE」と、レクサス車の中から半年ごとに好きなクルマに乗り換えできる「KINTO SELECT」の2種類のプランを用意し、2019年2月に東京でトライアル運用を開始(KINTO SELECTは3月から)。同年7月に本格的なサービスを開始した。

今回、KINTO ONEの車種ラインナップを大幅に強化するとともに、KINTO SELECTの名称を「KINTO FLEX」に変更し、ユーザーのニーズに応えるべくサービスを細分化することが発表された。

具体的な変更の内容は、以下の通り。

【KINTO ONE】
レクサス車の取り扱いを開始するとともに、トヨタ車についてもラインナップを拡充。新たに採用されるトヨタ車は「パッソ」(月額3万2780円~)、「ルーミ―」(月額3万9600円~)、「タンク」(月額3万9600円~)、「カローラ」(月額4万6750円~)、「カローラ ツーリング」(月額4万7850円~)、「カムリ」(月額7万4250円~)、「ランドクルーザー」(月額8万8000円~)の7車種。2020年1月15日に導入し、追って「ヤリス」も設定するという。

一方レクサス車については、「LX」(月額19万8000円~)、「RX」(月額10万1200円~)、「NX」(月額8万6900円~)、「UX」(月額7万4800円~)の4車種を2020年1月15日に、「LS」(月額23万6500円~)、「RC」(月額12万8700円~)、「ES」(月額12万5400円~)、「IS」(月額10万8900円~)を同年2月に導入する。これにより、車種ラインナップは従来の15車種から31車種に拡大することとなる。

また、リースでの車両利用を希望する法人の需要にこたえるべく、2020年1月15日より法人受け付けをスタート。さらに中古車を利用したKINTO ONEについても、同年1月下旬にトライアルを開始する予定となっている。

【KINTO SELECT/KINTO FLEX】
KINTO SELECTという名称をKINTO FLEXに変更し、2020年2月下旬より全国展開を開始。車種は、これまで同様レクサスの「ES」「IS」「RC」「RX」「NX」「UX」の6車種で、半年ごとに6台のクルマを乗り換える「3年6台プラン」(月額19万8000円)に加え、新たに1年ごとに3台の車を乗り換える「3年3台プラン」(月額17万6000円)を用意。

世界的にモビリティーサービスの名称を「KINTO」に統一

これら日本におけるサービス内容の変更に加え、今後は世界の各地域で実施しているモビリティーサービスの名称を「KINTO」に統一することも発表された。具体的なサービスの名称は、以下の通り。

  • KINTO ONE:契約期間中、1台のクルマを利用できるサブスクリプションサービス
  • KINTO FLEX:契約期間中に複数のクルマを乗り換えできるサブスクリプションサービス
  • KINTO JOIN:通勤時などの相乗りカープールサービス
  • KINTO SHARE:レンタカーも含め、会員間で特定のクルマを共同利用するカーシェアリングサービス
  • KINTO RIDE:複数人を相乗りさせるライドシェアサービス
  • KINTO GO:複数の交通機関を組み合わせ、移動ルートの選択肢を提案するマルチモーダルサービス

(webCG)

2020年以降の展開について説明する、KINTOの小寺信也社長。
2020年以降の展開について説明する、KINTOの小寺信也社長。拡大

関連キーワード:
トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事