ZFがフロント用電動パーキングブレーキを開発

2020.03.13 自動車ニュース
ZFによる、業界初となる前輪用電動パーキングブレーキのイメージ。
ZFによる、業界初となる前輪用電動パーキングブレーキのイメージ。拡大

ドイツのパーツサプライヤーであるゼット・エフ・フリードリヒスハーフェン(ZF)は2020年3月13日、業界初となるフロント電動パーキングブレーキ(EPB)を市場投入すると発表した。

 
ZFがフロント用電動パーキングブレーキを開発の画像拡大

ZFのフロントアクスル用EPBは、フロントキャリパーの構造を少しだけ変更するだけで導入できるのがメリットだ。リア用のマニュアルパーキングブレーキに必要なパーツが省略可能になるほか、フロントEPB用の電子構成部品やソフトウエアは、既存のESC制御ユニットに統合できる。つまり、既存の車両システムから、リアのマニュアルパーキングブレーキシステム分の重量を減らすことができるのだ。これにより、コストにシビアな小型車や超小型車にもEPBが導入しやすくなるという。

ZFのフロントEPBユニットは、韓国と中国で間もなく生産が開始される予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
パーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事