日本自動車工業会の豊田会長が会見 コロナウイルスでの苦境を「改革の機会」に

2020.03.19 自動車ニュース
ウェブ中継での会見は、自工会では初のこと。写真はPCの画面に映し出された会見の様子。
ウェブ中継での会見は、自工会では初のこと。写真はPCの画面に映し出された会見の様子。拡大

日本自動車工業会(自工会/JAMA)は2020年3月19日、同年3月度の定例会見を開催。豊田章男会長(トヨタ自動車取締役社長)が市場の現況および今後の展望などについて報告した。

「この状況は改革の好機とも考えられる」と語る豊田章男会長。「例えば『みんなで在宅テレワーク!』などと言ったところで、(自動車業界はものづくりを行っているため)生産現場は対応できない。設計や事務に限られることだけれども、それですら実態としては難しい。その点、今回の問題は働くということを見つめ直す機会にはなる」なとどコメントした。「これまで感染症への対策は考えられていたか?」という報道陣からの質問に対しては、「まったく想定できていませんでした」ときっぱり。
「この状況は改革の好機とも考えられる」と語る豊田章男会長。「例えば『みんなで在宅テレワーク!』などと言ったところで、(自動車業界はものづくりを行っているため)生産現場は対応できない。設計や事務に限られることだけれども、それですら実態としては難しい。その点、今回の問題は働くということを見つめ直す機会にはなる」なとどコメントした。「これまで感染症への対策は考えられていたか?」という報道陣からの質問に対しては、「まったく想定できていませんでした」ときっぱり。拡大

真剣であっても深刻には考えない

今回の定例会見は、新型コロナウイルスの拡大防止のために、会場への来場者を制限。報道陣の多くはウェブ中継で参加するという形で実施された。

会見に臨んだ豊田会長は、まず同ウイルスのため亡くなった人々に対し哀悼の意を表したうえで、「急激な人と物の停滞は経済に大きな影響を及ぼしている。自動車メーカーの多くはグローバル企業であり、国ごとに置かれた状況が異なるため、先行きについてはなんとも言えない。ただただ(この状況が)長く続かないことを祈っている」などと語った。

定例会見では月ごとの需要の見通しが示されるが、2020年3月については、この感染症の影響を踏まえて報告が見送られた。一方で国内市場については、「1~2月は変わらぬレベルで推移したものの、3月は難しい状況にある。現在はまだ生産の調整が始まった段階で、新車の登録業務も止まっているため数字への影響が出ている」「期の単位で見るなら、今期よりもむしろ来期のほうが影響は大きいと考えている」といった見解が示された。

リーマンショック(2008年に起こった経済危機)に比べてどうかという質問に対しては、「リーマンショックの際とは違い金融業界に脆弱(ぜいじゃく)性が見られないものの、メーカー側の債務残高は大きくなっている。また(リーマンショック後の苦境にあっても)業界をけん引していた中国のような市場が今はない、という点を懸念している」とのコメントが聞かれた。

日本政府については「早め早めの対策をしてもらっている」と評価しつつも、「大打撃を受けている中小企業や非正規雇用の人々が希望を持てるような施策を期待している」という豊田会長。この逆境については、「課題とされてきた改革を一気に進め、将来に向けた投資を行うためのよい機会」ともとらえているとのことで、「近年の自然災害対策で経験を積んできたつもりだったが、それでもまだ改善の余地はある。自動車業界は、本当に世の変化についていけるのか? その点を見つめ直す必要があると思う」などと述べた。

また豊田会長はコロナウイルスの影響について、「真剣に考えないといけないが、深刻には考えないようにしている。課題にはしっかり取り組むべきだが、コントロールできないことに対して不安になってばかりいるという“ネガティブの連鎖”は好ましくない。できることに取り組み、互いに感謝し合うのが大事。道徳の授業のように聞こえるかもしれないが、こういうときは、そのように危機を乗り越えることが望ましい」ともコメントした。

現在、自動車業界においてもさまざまなイベントが延期・中止になっているが、2020年7月6日に行われる自動運転の実証実験(東京臨海部)については、いまのところ実施予定とのことである。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
新着記事