政府の緊急事態宣言発令を受けて豊田章男 日本自動車工業会会長がコメント

2020.04.08 自動車ニュース

日本自動車工業会(自工会/JAMA)は2020年4月7日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言発令を受けて、豊田章男会長(トヨタ自動車取締役社長)のコメントを発表した。

以下にその内容を掲載する。

【会長コメント】
新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令を受けて
一般社団法人 日本自動車工業会会長 豊田章男

新型コロナウイルス感染症で亡くなられた皆さまに謹んでお悔やみ申し上げるとともに、被患されている方、不安でつらい日々を過ごされているすべての皆さまにお見舞い申し上げます。また、新型コロナウイルスの対応で日夜、最前線で対応している医療関係の皆さま、政府・自治体の皆さまに心からの敬意を表します。

この度、国内における感染拡大防止のため、東京都をはじめとする7都府県を対象に、政府による緊急事態宣言が発令されました。政府が国民の皆さまの命と健康を第一に判断されたものであると、政府の決定を支持するとともに、自動車業界として、この国難にどのようにお役に立てるかを考え、できることから順次取り組みを進めていきます。

まずは現在、社会的な最優先課題となっている感染拡大の抑制や医療現場の支援に向けて、自動車産業が持つ製造・物流面でのノウハウや、グローバルに広がるサプライチェーンを生かし、さまざまな側面から対策を検討し、迅速に取り組んでまいります。

人々の命を守ることへの貢献に力を尽くしながら、同時に意志を持って取り組んでいきたい事があります。日本経済が衰退したまま戻らなくなる事態を、何としても回避するため、今回の危機に立ち向かう苦しい中でも、競争力強化の歩みは止めず、事業を続け、経済活動を支えていく事です。

今はまだ出口が見えない状況ですが、人類が新型コロナウイルスの脅威に打ち克(か)つ日は必ずやってきます。その時に、日本の基幹産業である自動車業界が復興のけん引役を担っていきたい、そして日本のものづくり、雇用を守り抜いていきたい。その想いで、各社必死の努力を続けてまいります。

(webCG)

日本自動車工業会会長の豊田章男氏(2019年12月の自工会定例会見で撮影)
日本自動車工業会会長の豊田章男氏(2019年12月の自工会定例会見で撮影)拡大

関連キーワード:
日本自動車工業会, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事