ヤマハが三輪コミューター「トリシティ155 ABS」にグレー系の新色を設定

2020.04.21 自動車ニュース
ヤマハ・トリシティ155 ABS
ヤマハ・トリシティ155 ABS拡大

ヤマハ発動機は2020年4月21日、「LMW(リーニング・マルチ・ホイール)テクノロジー」を用いた三輪コミューター「TRICITY(トリシティ)155 ABS」に新色を設定し2020年5月15日に発売すると発表した。

新色「ブルーイッシュグレーソリッド4」(写真)が採用された「トリシティ155 ABS」。前後輪ホイールがブルーのアクセントカラーで塗られている。
新色「ブルーイッシュグレーソリッド4」(写真)が採用された「トリシティ155 ABS」。前後輪ホイールがブルーのアクセントカラーで塗られている。拡大

新色はスポーティーな印象の「ブルーイッシュグレーソリッド4」。前後ホイールにはブルーのアクセントを配してフロント2輪を強調しつつ、軽快に街中を駆けまわるアクティブなイメージのカラーリングにしたという。現行の「ホワイトメタリック6」と「マットグレーメタリック3」(ともにホイールはブラック)は継続販売される。

価格は48万4000円。

(webCG)

関連キーワード:
バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事