モーガン・プラスシックス ツーリング(後編)

2020.07.16 谷口信輝の新車試乗 「僕がこんな気持ちになるなんて、めったにないですよ!」と、百戦錬磨の谷口信輝も思わず笑顔に。英国生まれのスポーツカー「モーガン・プラスシックス」ならではの魅力とは?

気になる点もあるにはあるが

「乗り始めた直後は軽く見くびっていたのに、ペースを上げるとエンジンとシャシーのパフォーマンスが驚くほど高いことに圧倒される」と谷口信輝が評したモーガン・プラスシックス。後編でも、まずはそのワインディングロードでの印象を語ってもらうことにしよう。

「前編でも言いましたが、ターンインの姿勢をつくるのにはちょっと時間がかかるんです。最初にステアリングを切り込むと、サスペンションの遊び分が軽く沈み込んで荷重をしっかりと支えてくれる態勢になるんですが、そうなるまでに必要な時間が最新のスポーツカーに比べると長め。だから、コーナーに進入するときは少し早めに態勢をつくってあげる必要があります。でも、一度この態勢ができてしまえばその後の挙動は安定しているし、前後のグリップバランスもいいので安心感は高い。タイヤのグリップにも文句はありません」

「まあ、唯一の心配事はブレーキがフェードするんじゃないか思ったことですが、実際にはフェードしませんでしたし、いまあらためて見てもブレーキは意外とごっついのが付いているんですね。見直しました。あとは、もしかしたら高速域での直進性があんまりよくないんじゃないかと思いましたが、これはあくまでも直感みたいなもの。実際に試したわけではないので、はっきりとはわかりませんね」

コーナリングの話題はいったん置いて、モーガン・プラスシックスの成り立ちを谷口に観察してもらうことにした。
「クルマのプロポーションは典型的なロングノーズ・ショートデッキですが、運転しているとあまりロングノーズって感じがしないんです。つまり、ノーズが長いというよりは運転席の位置が極端に後ろ寄りで、まるで後輪の上に座っているみたいなレイアウト。この影響でステアリングシャフトはかなり長いんじゃないでしょうか。ステアリングの中立付近の感触があいまいなのは、この辺に理由があるのかもしれませんね」

 
モーガン・プラスシックス ツーリング(後編)の画像拡大
 
モーガン・プラスシックス ツーリング(後編)の画像拡大
 
モーガン・プラスシックス ツーリング(後編)の画像拡大
 
モーガン・プラスシックス ツーリング(後編)の画像拡大
【モーガン・プラスシックス ツーリングのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3890×1756×1220mm/ホイールベース:--mm/車重:1075kg(乾燥重量)/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:340PS(250kW)/5000rpm/最大トルク:500N・m(51.0kgf・m)/タイヤ:(前)225/35ZR19 88Y/(後)245/35ZR19 93Y(コンチネンタル・スポーツコンタクト6)/
燃費:38.2mpg(約13.5km/リッター)/価格:1518万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離: 208.3km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:19.4リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:10.7km/リッター(満タン法)
【モーガン・プラスシックス ツーリングのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3890×1756×1220mm/ホイールベース:--mm/車重:1075kg(乾燥重量)/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:340PS(250kW)/5000rpm/最大トルク:500N・m(51.0kgf・m)/タイヤ:(前)225/35ZR19 88Y/(後)245/35ZR19 93Y(コンチネンタル・スポーツコンタクト6)/
	燃費:38.2mpg(約13.5km/リッター)/価格:1518万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 208.3km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:19.4リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:10.7km/リッター(満タン法)拡大

関連キーワード:
プラスシックス, モーガン

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • モーガン・スリーホイーラー(FR/5MT)【試乗記】 2020.6.9 試乗記 モーガンが、自身の起源に深く関わるサイクルカーを、自らの手で復活させた「スリーホイーラー」。前2輪、後ろ1輪の車体に、鼓動感あふれる2リッターVツインエンジンを搭載したそのマシンは、日常を冒険に変えてしまう一台だった。
  • モーガン・プラスシックス ツーリング(FR/8AT)【試乗記】 2020.6.23 試乗記 往年のクルマづくりを今日に伝えるモーガンの基幹モデルが、ついにフルモデルチェンジ。新開発のアルミシャシーにモダンなサスペンション、BMWゆずりの直6ターボを搭載した新型「プラスシックス」は、それでも“まがうかたなきモーガン”に仕上がっていた。
  • モーガンが新型「プラスフォー」を発表 70年の歴史を誇るスポーツカーがモデルチェンジ 2020.3.3 自動車ニュース 70年の歴史を誇るモーガンのスポーツカー「プラスフォー」がモデルチェンジ。シャシーは「CXジェネレーション」と呼ばれる接着アルミプラットフォームで、エンジンにはBMW製の2リッター直4ターボを採用。トランスミッションには6段MTと8段ATが用意される。
  • モーガン・ロードスター(FR/6MT)【試乗記】 2019.3.8 試乗記 古式ゆかしき“クルマづくり”を今日も守り続ける英国のスポーツカーメーカー、モーガン。そのラインナップの中でも、3.7リッターV6エンジンを搭載したホットモデル「ロードスター」に試乗。富士山麓でのドライブを楽しみつつ、良き時代に思いをはせた。
  • モーガン4/4(FR/5MT)【試乗記】 2018.6.28 試乗記 1936年に誕生して以来、基本的な設計を変えずに現在も作り続けられている「モーガン4/4(フォーフォー)」。今なお職人の手作業によって製作される英国のスポーツカーには、80年前のクルマの息遣いが確かに宿っていた。
ホームへ戻る