【F1 2020】第2戦シュタイアーマルクGPでハミルトン今季初V メルセデス1-2

2020.07.13 自動車ニュース

F1世界選手権第2戦シュタイアーマルクGPの決勝が、2020年7月12日、オーストリアのレッドブル・リンク(4.318km)を71周して行われた。

史上初の同一サーキットでの連続開催となった今回、1週間前の開幕戦に続きメルセデスがポール・トゥ・ウィンでレースを制した。表彰台の頂点に立ったのはルイス・ハミルトンで、今季初優勝、通算では85回目の勝利となった。

2位に入ったのは初戦のウィナー、バルテリ・ボッタスで、メルセデスは1-2フィニッシュを達成した。

3位はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。雨の予選ではハミルトンと白熱のポール争いを繰り広げ、またドライとなったレースでも2番グリッドから2位をキープするも、終盤に力尽きボッタスにかわされてしまった。

レッドブルのアレクサンダー・アルボンが4位でゴール。ファイナルラップで5位の座を奪ったのはマクラーレン・ルノーのランド・ノリス。レーシングポイント・メルセデスのセルジオ・ペレスは、予選17位から5位まで挽回するも、フロントウイングを壊してペースを落とし、ノリスに抜かれて6位。ペレスの僚友ランス・ストロールが7位、ルノーのダニエル・リカルドは8位だった。

マクラーレンのカルロス・サインツJr.はキャリアベストの予選3位からスタートするも、タイヤ交換で遅れるなどして9位フィニッシュ。10位でチェッカードフラッグを受けたのはダニール・クビアトで、アルファタウリ・ホンダは2戦連続ポイントを獲得した。

以下、11位キミ・ライコネン(アルファ・ロメオ・フェラーリ)、12位ケビン・マグヌッセン(ハース・フェラーリ)、13位ロメ・グロジャン(ハース)、14位アントニオ・ジョビナッツィ(アルファ・ロメオ)、15位ピエール・ガスリー(アルファタウリ)、16位ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ・メルセデス)、17位ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)が完走した。

2戦を終え、チャンピオンシップの首位は、43点を獲得しているボッタス。ランキング2位のハミルトンとは6点の差がある。3位はGP2年目のノリスで26点、4位ルクレール18点、5位ペレス16点と続く。

コンストラクターズチャンピオンシップのトップはメルセデスで80点。2位マクラーレン39点、3位レッドブル27点、4位レーシングポイント22点、5位フェラーリ19点と、たった2戦を消化した時点とはいえ、マクラーレンとレーシングポイントという中団2チームが上位に食い込むポジションにいる。

(文=bg)

 
【F1 2020】第2戦シュタイアーマルクGPでハミルトン今季初V メルセデス1-2の画像拡大

関連キーワード:
F1 2020, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事