マセラティの「ギブリ」「レヴァンテ」「クアトロポルテ」に限定車「ロイヤルエディション」登場

2020.11.10 自動車ニュース
マセラティ・クアトロポルテ ロイヤル
マセラティ・クアトロポルテ ロイヤル拡大

マセラティ ジャパンは2020年11月10日、「ギブリ」「レヴァンテ」「クアトロポルテ」の3車種に特別仕様車「ロイヤル」を設定し、全25台の台数限定で販売を開始した。

写真左から「ギブリ ロイヤル」「レヴァンテ ロイヤル」「クアトロポルテ ロイヤル」。
写真左から「ギブリ ロイヤル」「レヴァンテ ロイヤル」「クアトロポルテ ロイヤル」。拡大
 
マセラティの「ギブリ」「レヴァンテ」「クアトロポルテ」に限定車「ロイヤルエディション」登場の画像拡大
 
マセラティの「ギブリ」「レヴァンテ」「クアトロポルテ」に限定車「ロイヤルエディション」登場の画像拡大
 
マセラティの「ギブリ」「レヴァンテ」「クアトロポルテ」に限定車「ロイヤルエディション」登場の画像拡大

1984年発売の「クアトロポルテ ロイヤル」にインスパイアされたという今回の特別仕様車は、「ギブリ ロイヤル」「レヴァンテ ロイヤル」「クアトロポルテ ロイヤル」を合わせて「ロイヤルエディション」として展開される。

それぞれの「Sグランルッソ」グレードをベースに、「ヴェルデメタリック」「ブルーオッタニオ」の2色の特別なボディーカラーを設定したほか、内装にはエルメネジルド・ゼニアが開発したナッパレザー「ペッレテッスータ」を採用。さらに、限定車であることを示すデディケーションバッジが貼られる。

価格はギブリ ロイヤルが1465万円(限定10台)でレヴァンテ ロイヤルが1650万円(同10台)、クアトロポルテ ロイヤルが1890万円(同5台)。全車とも右ハンドルのみの設定となる。

各モデルの特別装備の内容は以下の通り。
【ギブリ ロイヤル】(約256万円相当のオプションを装備)

  • スペシャルペイント(ヴェルデメタリックまたはブルーオッタニオ)
  • デディケーションバッジ
  • 21インチチターノホイール
  • シルバーブレーキキャリパー
  • ハイグロスウッドトリム:エバーノ
  • 電動サンルーフ
  • ストレージ付きリアアームレスト
  • ゼニア・ペッレテスータインテリア
  • INOXスポーツペダル
  • ドライバーアシスタンスパッケージ

【レヴァンテ ロイヤル】(約296万円相当のオプションを装備)

  • スペシャルペイント(ヴェルデメタリックまたはブルーオッタニオ)
  • デディケーションバッジ
  • 21インチアンテーオブラックホイール(スタッガード)
  • シルバーブレーキキャリパー
  • ハイグロスメタルウィーブトリム
  • ゼニア・ペッレテッスータインテリア
  • 標準リアシート ベンチ(3シートヒーター付き)
  • トラフィックサインレコグニション
  • INOXスポーツペダル
  • 電動サンルーフ
  • トランク用キックセンサー

【クアトロポルテ ロイヤル】(約398万円相当のオプションを装備)

  • スペシャルペイント(ヴェルデメタリックまたはブルーオッタニオ)
  • デディケーションバッジ
  • 21インチチターノホイール
  • シルバーブレーキキャリパー
  • ピアノブラック・インテリア
  • Bowers & Wilkins高性能サラウンドサウンドシステム
  • プライバシーガラス
  • 電動サンルーフ
  • ドライバーアシスタンスパッケージ
  • ゼニア・ペッレテスータインテリア
  • INOXスポーツペダル
  • リアドア拡張キーレスエントリー
  • フォーゾーンクライメートコントロール

(webCG)

あなたにおすすめの記事
新着記事