最新型「ベントレー・ベンテイガ スピード」の国内価格が明らかに

2020.11.25 自動車ニュース
ベントレー・ベンテイガ スピード
ベントレー・ベンテイガ スピード拡大

ベントレーモーターズジャパンは2020年11月25日、ラグジュアリーSUV「ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル「スピード」の国内販売価格を発表した。

 
最新型「ベントレー・ベンテイガ スピード」の国内価格が明らかにの画像拡大
 
最新型「ベントレー・ベンテイガ スピード」の国内価格が明らかにの画像拡大
 
最新型「ベントレー・ベンテイガ スピード」の国内価格が明らかにの画像拡大

ベントレー・ベンテイガ スピードは最高出力635PS/最大トルク900N・mの6リッターW12ツインターボエンジンを搭載した、ベンテイガシリーズのトップパフォーマンスモデルである。最高速が306km/h、0-100km/h加速のタイムが3.9秒という動力性能を誇る一方で、状況に応じて片バンクの6気筒を休止する機構や高速道路を一定速度で走行中に惰性のみで走行するコースティング機能を採り入れるなど、高い効率性も持ち合わせているのが特徴だ。

価格は3261万5000円で、2021年の第2四半期以降のデリバリーが予定されている。

(webCG)
 

関連キーワード:
ベンテイガ, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー ベンテイガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • マツダCX-5 XDエクスクルーシブモード/CX-5 XDブラックトーンエディション【試乗記】 2020.12.27 試乗記 パワーユニットの性能向上やコネクテッドシステムの採用、そしてラインナップの拡充と、多方面にわたり商品力の強化が図られた「マツダCX-5」。マツダSUV製品群の中核を担う基幹モデルの、今日における実力を確かめた。
ホームへ戻る