ブリヂストンが「アレンザLX100」を発表 快適性を重視したSUV用タイヤの新製品

2021.01.19 自動車ニュース

ブリヂストンは2021年1月19日、快適性を重視したSUV用コンフォートタイヤ「アレンザLX100」を、同年2月に発売すると発表した。

アレンザは、ブリヂストンが展開するオンロード向けSUV用タイヤのブランドであり、これまではスポーティーな特性の「アレンザ001」のみが設定されていた。

今回設定されたアレンザLX100は、静粛性や快適性を重視したコンフォートタイヤであり、トレッドパターンやイン側のショルダー部などに、高周波ノイズやグルーブが発する共鳴音などを抑制・解消する独自のデザインを採用。来品製品(デューラーH/L850)より騒音エネルギーを22%低減させたほか、60%摩耗時における騒音エネルギーも9%低減させたという。

このほかにも、非対称新パターンの採用やブロック剛性の最適化により、従来比で耐摩耗性を5%向上。ふらつきを抑え、快適な乗り心地を実現するため、SUV専用構造の高剛性ケースを採用している。

サイズは、195/80R15から285/40R22までの39種類。価格は1万9030円(175/80R16)から10万5270円(295/35R21)となっている。

(webCG)

ブリヂストン・アレンザLX100
ブリヂストン・アレンザLX100拡大

関連キーワード:
タイヤ・スタッドレスタイヤ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事