BMWが二輪初のMモデル「M1000RR」を発表 レースでの使用も想定したスーパースポーツモデル

2021.01.26 自動車ニュース
BMW M1000RR
BMW M1000RR拡大

BMWジャパンは2021年1月26日、BMWモトラッドとしては初の“Mモデル”となる「M1000RR」の予約受注を、同年2月1日に開始すると発表した。納車開始は同年初夏を予定している。

 
BMWが二輪初のMモデル「M1000RR」を発表 レースでの使用も想定したスーパースポーツモデルの画像拡大
 
BMWが二輪初のMモデル「M1000RR」を発表 レースでの使用も想定したスーパースポーツモデルの画像拡大
 
BMWが二輪初のMモデル「M1000RR」を発表 レースでの使用も想定したスーパースポーツモデルの画像拡大
 
BMWが二輪初のMモデル「M1000RR」を発表 レースでの使用も想定したスーパースポーツモデルの画像拡大
 
BMWが二輪初のMモデル「M1000RR」を発表 レースでの使用も想定したスーパースポーツモデルの画像拡大
 
BMWが二輪初のMモデル「M1000RR」を発表 レースでの使用も想定したスーパースポーツモデルの画像拡大
 
BMWが二輪初のMモデル「M1000RR」を発表 レースでの使用も想定したスーパースポーツモデルの画像拡大
 
BMWが二輪初のMモデル「M1000RR」を発表 レースでの使用も想定したスーパースポーツモデルの画像拡大
 
BMWが二輪初のMモデル「M1000RR」を発表 レースでの使用も想定したスーパースポーツモデルの画像拡大

高性能なスーパースポーツモデルをさらに高性能化

M1000RRは、リッタークラスのスーパースポーツバイク「S1000RR」をベースに、より性能を高めたハイパフォーマンスモデルである。これまで四輪の高性能モデルだけで構成されてきたサブブランド「BMW M」に属する初の二輪モデルであり、BMWは同車について「カスタマースポーツからスーパーバイク世界選手権(WSBK)まで、モータースポーツのあらゆる要件に対応できる唯一無二のモデル」と説明している。

エンジンは、S1000RRのそれをベースとした可変バルブタイミング・リフト機構「BMWシフトカム」付きの999cc 水冷4ストローク直列4気筒DOHC 4バルブ(1気筒あたり)で、燃焼室に改良を加え、圧縮比を13.5に変更するとともに、マーレ製の2リング鍛造ピストンやより長く軽量なパンクル社製チタン製コネクティングロッド、スリムで軽いロッカーアーム、新しいダクト形状のインテークポート、専用のカムシャフトを採用するなど、徹底した改良が加えられている。これによりM1000RRのエンジンは、最高回転数が1万5100rpmに引き上げられているほか、S1000RRを5PS上回る212PS/1万4500rpmの最高出力と、13N・m大きい113N・m/1万1000rpmの最大トルクを発生する。

シャシーについても、ホイールの荷重配分を見直すなどサーキット走行を念頭にジオメトリーを変更。車両骨格はS1000RRのものをベースにメインフレームにアルミニウム製ブリッジフレームを用いたもので、足まわりではフロントの倒立フォークに独自のチューニングを施したほか、調整幅が広く、かつ調整の容易な新型のスイングアームピボットや、新設計のリアアクスルを採用している。

ブレーキはスーパーバイク世界選手権で得たノウハウをもとに開発したもので、高い耐フェード性と制動力を実現。キャリパーは陽極酸化処理でブルーにコーティングされており、またリアブレーキについては素早いホイール交換を可能にするため、ピストンがクイックリリースに対応している。

専用の空力パーツで動力性能をアップ

空力パーツもM1000RR独自のもので、フロント/サイドカウルにはクリアコートカーボン製の「Mウイングレット」とハイウインドシールドを装備。加速時のトラクションを最大化するため、サーキットと風洞実験室での徹底的なテストを経て開発したものとなっている。

特にMウイングレットについては、タイヤの接地圧増大に加え、ダウンフォースの増大によってウイリーも抑制。トラクションコントロールの介入を減らすことで加速力のアップにも寄与しているという。さらにダウンフォースはカーブ時やブレーキング時にも車体を路面に押しつけ、より遅めの制動開始を可能にするとともに、コーナリング時の安定性も向上させているという。

このほかにも、エキゾーストシステムをチタン製とし、カーボン製のホイールを装着するなど、軽量化も徹底。カーボン製のボディーパーツや220g軽量なスイングアーム、「DLCコーティングMエンデュランスチェーン」などを備えた「Mコンペティションパッケージ」も用意している。

価格は以下の通り。

  • M1000RR:378万3000円
  • M1000RR Mコンペティションパッケージ:428万円

(webCG)

関連キーワード:
M1000RR, BMW, バイク, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW R nineT(6MT)【レビュー】 2021.7.29 試乗記 レトロでありながらもアグレッシブなスタイリングと、見た目にたがわぬスポーティーな走りで人気を博す「BMW R nineT」。パンチの利いた空油冷ボクサーエンジンを搭載するBMWのロードスターモデルは、大幅改良によってどのような進化を遂げたのか?
  • ホンダCB400スーパーフォア(6MT)【レビュー】 2021.8.15 試乗記 サーキットを沸かせ、教習所のバイクとしても親しまれてきた「ホンダCB400スーパーフォア」に、いよいよ生産終了のうわさが……。長年にわたりファンに親しまれてきた“ホンダの名車”を公道に連れ出し、あらためてその奥深さを味わった。
  • ドゥカティ・モンスター+(6MT)【レビュー】 2021.8.26 試乗記 軽量コンパクトな車体に、パワフルな2気筒エンジンを搭載した「ドゥカティ・モンスター」。軽快な走りを身上とするイタリア製ネイキッドスポーツの最新モデルは、このジャンルの理想ともいえる走りを備えたマシンに仕上がっていた。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV PLaY/マツダMX-30(後編)【試乗記】 2021.8.10 試乗記 群雄割拠のコンパクトSUVのなかから、まったくキャラクターの異なる「ホンダ・ヴェゼル」と「マツダMX-30」に試乗。これほどまでに個性の違うモデルがそろうコンパクトSUV市場は、いま最もクルマ選びが悩ましく、また面白いといえるだろう。
  • 新しい提案はどこに!? 新型「日産フェアレディZ」に次世代スポーツカーの資質を問う 2021.8.27 デイリーコラム いよいよ市販モデルが発表された新型「日産フェアレディZ」。3リッターV6ターボエンジンに6段MTの採用と、その中身はクルマ好きを大いに喜ばせるものだったが、同時に“物足りなさ”も感じられた。次世代のスポーツカーとして、新型Zに欠けているものとは?
ホームへ戻る