トヨタが次世代のAセグメント車の姿を示唆するコンセプトモデル公開

2021.03.18 自動車ニュース
トヨタ・アイゴXプロローグ
トヨタ・アイゴXプロローグ拡大

トヨタ自動車の欧州法人は2021年3月17日(現地時間)、次世代の欧州向けAセグメントモデルを示唆するコンセプトカー「アイゴXプロローグ」を公開した。

 
トヨタが次世代のAセグメント車の姿を示唆するコンセプトモデル公開の画像拡大
 
トヨタが次世代のAセグメント車の姿を示唆するコンセプトモデル公開の画像拡大
 
トヨタが次世代のAセグメント車の姿を示唆するコンセプトモデル公開の画像拡大
 
トヨタが次世代のAセグメント車の姿を示唆するコンセプトモデル公開の画像拡大
 
トヨタが次世代のAセグメント車の姿を示唆するコンセプトモデル公開の画像拡大

「アイゴ」はトヨタが2005年に欧州市場向けに投入したAセグメントサイズのコンパクトカーである。アイゴXプロローグをベースとしたニューモデルがリリースされた場合は3世代目ということになる。

アイゴXプロローグのデザインはトヨタの欧州デザイン本部であるED2(EDスクエア)が担当。従来のアイゴの持つ楽しさや遊び心はそのままに、「ひとつまみのホットなスパイスを加え」ることで、トヨタの新たな顧客が望む派手さと個性、自己主張をさらに強めたと説明されている。

伝統的なハッチバックスタイルの初代および現行モデルとは一変し、アイゴXプロローグでは大胆なウエッジシェイプを持つクロスオーバースタイルを採用。左右のユニットがつながった1本のライン状のヘッドランプを翼のように配置することで個性を表現している。六角形をモチーフとしたグリルやフォグランプ、スキッドプレートはどこへでも行けるクルマであることを示しているという。

さらに、ルーフにはボディーの輪郭を強調する一体型のラックが備わるほか、リアのスキッドプレートには自転車のホルダーを搭載。ドアミラーにアクションカメラが内蔵されるというのもユニークだ。

公開されたコンセプトモデルのボディーカラーは「スパークリングチリレッド」。スパイシーというコンセプトを実現するために設定されたこのカラーは唐辛子をモチーフとしており、ブルーのメタリックフレークをペイントに混ぜることとブラックとのツートンによって色調とバランスを進化させている。

(webCG)

トヨタ・アイゴXプロローグのフォトギャラリーはこちら

あなたにおすすめの記事
新着記事