ブラックでコーディネートした「トヨタC-HR」の特別仕様車発売

2021.06.04 自動車ニュース
トヨタC-HR G“モード ネロ セーフティープラスII”
トヨタC-HR G“モード ネロ セーフティープラスII”拡大

トヨタ自動車は2021年6月4日、クロスオーバー「C-HR」の特別仕様車「G“Mode-Nero Safety Plus II(モード ネロ セーフティープラスII)”」「G-T“Mode-Nero Safety Plus II(モード ネロ セーフティープラスII)”」を発売した。

「G-T“モード ネロ セーフティープラスII”」のインテリア。
「G-T“モード ネロ セーフティープラスII”」のインテリア。拡大
 
ブラックでコーディネートした「トヨタC-HR」の特別仕様車発売の画像拡大

今回の特別仕様車は、ハイブリッド車「G」とターボ車「G-T」がベース。ともに、ブラックでコーディネートされた内外装が特徴で、安全装備の充実も図られている。

主な特別装備は以下の通り。

  • 特別色「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」のボディーカラー
  • マットブラック塗装の18インチアルミホイール(ダークスモークメッキナット付き)
  • ブラックエクステンション加飾を施したBi-Beam LEDヘッドランプ
  • ブラックの専用シート
  • 内装を囲むように配置したブラック加飾(青から紫に色が変化)
  • インテリジェントクリアランスソナー
  • リアクロストラフィックオートブレーキ
  • パノラミックビューモニター

ラインナップと価格は以下の通り。

  • G“モード ネロ セーフティープラスII”(FF車):304万5000円
  • G-T“モード ネロ セーフティープラスII”(FF車):271万5000円
  • G-T“モード ネロ セーフティープラスII”(4WD車):291万3000円

(webCG)

関連キーワード:
C-HR, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ C-HR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.12.4 試乗記 激戦のコンパクトSUV市場にあって、圧倒的な売れ行きを見せている「トヨタ・ヤリス クロス」。ライバルに対する、この新型車のアドバンテージとは何か? 装備充実のハイブリッドモデルに試乗して選ばれる理由を探った。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
  • BMW 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2021.5.12 試乗記 FFを基本としたエンジン横置きプラットフォームに、コンパクトな4ドアボディーを架装した「BMW 2シリーズ グランクーペ」。FRを信奉する古くからのファンには敬遠されそうなモデルだが、実際に乗ってみると、FFの乗用車として出色の出来栄えだった。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
  • 日産アリア リミテッド 2021.6.4 画像・写真 日産が新型電気自動車(EV)「アリア」の予約受注を開始した。先進的な操作インターフェイスや、ハンズオフ機能付き運転支援システム「プロパイロット2.0」の採用などでも注目を集めている最新EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る