ホンダがアドベンチャースクーター「ADV150」に受注期間限定色「ロスホワイト」を設定

2021.06.11 自動車ニュース

本田技研工業は2021年6月11日、アドベンチャースタイルの軽二輪スクーター「ADV150」に、受注期間限定色「ロスホワイト」を設定し、同年7月22日に発売すると発表した。

ADV150は、オフロードモデルを想起させるアクティブなデザインのボディーに、高速道路も走行可能な排気量149ccの水冷4ストローク単気筒OHCエンジン「eSP」を搭載したスクーターである。

可動式スクリーンなどの充実した装備も特徴で、利便性や快適性の高さにより、通勤通学からツーリングまで楽しめるモデルとして支持されているという。

今回設定されたカラーリングは、「ロスホワイト」を主体色としつつカウルなどの各部にモノトーンのストライプを加えたもので、車体の印象を引き締め、よりスポーティーなイメージとしているという。

受注期間は、2021年6月11日から8月31日まで。価格は通常色と同じく、45万1000円となっている。

(webCG)

受注期間限定色「ロスホワイト」が採用された「ホンダADV150」。
受注期間限定色「ロスホワイト」が採用された「ホンダADV150」。拡大

関連キーワード:
ADV150, ホンダ, バイク, 自動車ニュース