ミシュランの新たな全天候型タイヤ「クロスクライメート2」登場 従来品から全面的に進化

2021.08.18 自動車ニュース
「ミシュラン・クロスクライメート2」のオンライン発表会の様子。写真右は、日本ミシュランタイヤの須藤 元 代表取締役社長。
「ミシュラン・クロスクライメート2」のオンライン発表会の様子。写真右は、日本ミシュランタイヤの須藤 元 代表取締役社長。拡大

日本ミシュランタイヤは2021年8月18日、全天候型タイヤの新製品「ミシュラン・クロスクライメート2」を発表した。同年10月8日より順次販売を開始する。

発表時のサイズ展開は計61サイズ。価格はオープンプライスとなっている。
発表時のサイズ展開は計61サイズ。価格はオープンプライスとなっている。拡大
トレッド面では、優れた排水・排雪性能に貢献する「新Vシェイプトレッドパターン」と呼ばれるデザインが目を引く。
トレッド面では、優れた排水・排雪性能に貢献する「新Vシェイプトレッドパターン」と呼ばれるデザインが目を引く。拡大
「クロスクライメート」シリーズとしては、2015年に登場した初代から数えて3代目となる。
「クロスクライメート」シリーズとしては、2015年に登場した初代から数えて3代目となる。拡大
ミシュラン・クロスクライメート2
ミシュラン・クロスクライメート2拡大

クロスクライメート2は、夏タイヤに求められるハンドリング性能やドライ/ウエット時のブレーキング性能を高い水準で満たしながら、急な降雪時の雪上走行も可能としたとうたわれる全天候型タイヤ。

新開発のコンパウンドや新デザインのトレッドパターンを採用することで、従来モデル「クロスクライメート+」に対して基本性能を全面的に進化。季節を問わない優れた機能性と利便性を提供するとアピールされる。

主な技術的ハイライトは以下の通り。

  • 新開発コンパウンド「サーマル・アダプティブ・コンパウンド」の働きにより、ドライ/ウエット/雪上と変化する路面の状況に幅広く対応。一年を通して安全性をキープできる。
  • センター部からショルダー部にかけて溝面積が広くなる「新Vシェイプトレッドパターン」が排水・排雪性能に貢献。ウエットおよび雪上路面で高いパフォーマンスを発揮する。
  • エッジ部には「Vランプエッジ」と呼ばれる面取り加工を施し、ブロックの倒れこみを防止。これにより接地面を最大化し、ドライ路面で高い制動力を実現。
  •  「LEVサイプ」を設けブロック同士の倒れこみを抑制。効果的なグリップ力を確保しながら、優れた耐摩耗性と転がり抵抗低減も両立。

これらの技術により、クロスクライメート+に対して、雪上でのブレーキング性能は7%向上。同様に、ウエット路面でのブレーキング性能は6%、ドライ路面でのブレーキング性能は5%アップしているという。

摩耗が進むにつれてトレッド面に「P-Edge(ピーエッジ)」と呼ばれる凹凸および溝が現れてウエット/雪上性能の低下を抑制する点や、「スリーピークマウンテンスノーフレークマーク」と「M+S」のマークが刻印されていることからもわかる通り、冬用タイヤ規制時でもチェーン装着が不要である点も全天候型タイヤとしての長所とされている。

サイズ展開は175/65R15から275/45R20までの計61サイズで、価格はオープン。

(webCG)

関連キーワード:
タイヤ・スタッドレスタイヤ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事