「ランドローバー・ディフェンダー」を真っ黒に仕立てた限定車「ダブルオーブラックエディション」登場

2021.09.24 自動車ニュース
ランドローバー・ディフェンダー ダブルオーブラックエディション
ランドローバー・ディフェンダー ダブルオーブラックエディション拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年9月24日、「ランドローバー・ディフェンダー」に特別仕様車「ダブルオーブラックエディション」を設定し、180台の台数限定で発売すると発表した。同年9月30日までの期間限定で注文を受け付けている。

 
「ランドローバー・ディフェンダー」を真っ黒に仕立てた限定車「ダブルオーブラックエディション」登場の画像拡大
 
「ランドローバー・ディフェンダー」を真っ黒に仕立てた限定車「ダブルオーブラックエディション」登場の画像拡大
 
「ランドローバー・ディフェンダー」を真っ黒に仕立てた限定車「ダブルオーブラックエディション」登場の画像拡大
 
「ランドローバー・ディフェンダー」を真っ黒に仕立てた限定車「ダブルオーブラックエディション」登場の画像拡大
フィクスドサイドステップとドライブレコーダーをセットにしたアクセサリーパックも用意される(写真はステップを別の車両に装着したところ)。
フィクスドサイドステップとドライブレコーダーをセットにしたアクセサリーパックも用意される(写真はステップを別の車両に装着したところ)。拡大

ランドローバー・ディフェンダー ダブルオーブラックエディションは内外装の各部をブラックで統一し、より精悍(せいかん)さを高めたとうたわれる日本独自規格の特別仕様車だ。ショートボディーの「90」(限定30台)とロングボディーの「110」(限定150台)の両方に設定され、前者は最高出力300PSの2リッター直4ガソリンターボエンジンを、後者は同300PSの3リッター直6ディーゼルターボエンジン(48Vマイルドハイブリッド)を搭載。装備グレードのベースはいずれも「X-DYNAMIC SE」となっている。

ボディーカラーは「サントリーニブラック」(メタリックペイント)。エクステンデッドブラックエクステリアパックや20インチ“スタイル6011”6スポークホイール(グロスブラックフィニッシュ)、専用スペアホイールカバー(ブラックペイント)を装備し、エクステリアをブラックで統一している。さらに英国国旗のユニオンジャックをあしらったブラックエンボス加工の専用ステッカーも貼られている。

インテリアにはエボニーDinamicaスエードクロス&スチールカットプレミアムテキスタイルシートを採用し、12ウェイ電動フロントシート(ヒーター、メモリー、2ウェイマニュアルヘッドレスト付き)を装備。さらにロードスペースラバーフロアマットとディープサイドフロアラバーマットに加えて、110には60:40ラゲッジスルーリアシート(マニュアルスライド&リクライニング機能、センターアームレスト付き)とWi-Fi接続(データプラン付き)も備わっている。

このほかフィクスドサイドステップ(マットブラックペイント)とドライブレコーダーをセットにしたアクセサリーパックも数量限定(90用は29万9000円で全25セット、110用は34万9000円で全75セット)で用意される。

価格は90ダブルオーブラックエディションが909万9000円で110ダブルオーブラックエディションが1059万9000円。各正規ディーラーで注文を受け付けており、予定台数を上回る申し込みがあった場合は抽選販売となる。

(webCG)

関連キーワード:
ディフェンダー, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー ディフェンダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る