【F1 2021】第20戦カタールGPでハミルトン2連勝&今季7勝目

2021.11.22 自動車ニュース

F1世界選手権第20戦カタールGPの決勝が、2021年11月21日、カタールのロサイル・インターナショナル・サーキット(5.38km)を57周して行われた。

初開催の同GPを制したのは、メルセデスのルイス・ハミルトン。予選で大差をつけて通算102回目のポールポジションを獲得、レースでも盤石の走りで完勝した。前戦サンパウロGPから2連勝、今季7勝目、通算102勝目を飾った。

2位はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。予選でのイエローフラッグの違反で5グリッド降格ペナルティーを受け7番グリッドからスタートするも、瞬く間に2位に上がり、ダメージを最小にとどめた。ファステストラップも記録し1点のボーナスを追加。14点あったチャンピオンシップのリードを8点としつつ、残り2戦に向かう。

3位は、アルピーヌ・ルノーのフェルナンド・アロンソ。3番グリッドから抜群のスタートで2位にジャンプアップ。その後はフェルスタッペンに先を越されるも、1ストップでしぶとく走り切った。2005年、2006年の王者であるアロンソにとっては、2014年ハンガリーGP以来となる久々のポディウムとなった。

予選でまさかのQ2敗退、11位となったレッドブルのセルジオ・ペレスが追い上げて4位フィニッシュ。アルピーヌのもう1台、エステバン・オコンは5位入賞を果たした。アストンマーティン・メルセデスのランス・ストロールが12番グリッドから6位。フェラーリは、カルロス・サインツJr.7位、シャルル・ルクレール8位とタンデムでポイント獲得した。マクラーレン・メルセデスのランド・ノリス9位、そしてアストンマーティン・メルセデスのセバスチャン・ベッテルは10位でゴールし、最後の1点を手にした。

以下、11位ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)、12位ダニエル・リカルド(マクラーレン)、13位角田裕毅(アルファタウリ)、14位キミ・ライコネン(アルファ・ロメオ・フェラーリ)、15位アントニオ・ジョビナッツィ(アルファ・ロメオ)、16位ミック・シューマッハー(ハース・フェラーリ)、17位ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ・メルセデス)、18位ニキータ・マゼピン(ハース)が完走した。

ドライバーズチャンピオンシップは、1位フェルスタッペン351.5点、2位ハミルトン343.5点、3位ボッタス203点、4位ペレス190点、5位ノリス153点という上位の顔ぶれとなる。

コンストラクターズチャンピオンシップでは、1位メルセデス546.5点、2位レッドブル541.5点と、両者の差はレース前の11点から5点に縮まった。3位フェラーリ297.5点、4位マクラーレンは258点で39.5点差。5位アルピーヌは137点とし、前戦まで同点だったアルファタウリが今回無得点に終わったことで、一気に25点ものギャップを築いた。

(文=bg)

 
【F1 2021】第20戦カタールGPでハミルトン2連勝&今季7勝目の画像拡大

関連キーワード:
F1 2021, モータースポーツ, 自動車ニュース