【F1 2022】第9戦カナダGPでフェルスタッペンが今季6勝目

2022.06.20 自動車ニュース

F1世界選手権第9戦カナダGPの決勝が、2022年6月19日、カナダはモントリオールのサーキット・ジル・ビルヌーブ(4.361km)を70周して行われた。

3年ぶりの開催となった同GPを制したのは、レッドブルRBPTのマックス・フェルスタッペン。今シーズン6勝目、通算26勝目をポール・トゥ・ウィンで飾った。レッドブルは6連勝を達成したことになる。

2位はフェラーリのカルロス・サインツJr.。セーフティーカー後のラスト16周、トップのフェルスタッペンに果敢に勝負を挑んだものの惜しくも初優勝ならず。ファステストラップのボーナス1点は手にすることができた。

3位はメルセデスのルイス・ハミルトン。優勝争いに絡むことがなかったが、得意のカナダで開幕戦に次ぐ今季2度目の表彰台を獲得した。

メルセデスのもう1台、ジョージ・ラッセルは4位フィニッシュ。パワーユニット交換のペナルティーで最後列スタートとなったフェラーリのシャルル・ルクレールは5位まで挽回してチェッカードフラッグを受けた。

アルピーヌ・ルノー勢は、エステバン・オコン6位、予選2位だったフェルナンド・アロンソは7位。その後ろにはアルファ・ロメオ・フェラーリの2台が続き、バルテリ・ボッタス8位、ルーキーのジョウ・グアンユーはキャリア最高の9位で2度目の入賞を果たした。ポイント圏内最後の10位で終えたのは、地元カナダ出身、アストンマーティン・メルセデスをドライブするランス・ストロールだった。

以下、11位ダニエル・リカルド(マクラーレン・メルセデス)、12位セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)、13位アレクサンダー・アルボン(ウィリアムズ・メルセデス)、14位ピエール・ガスリー(アルファタウリRBPT)、15位ランド・ノリス(マクラーレン)、16位ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)、17位ケビン・マグヌッセン(ハース・フェラーリ)が完走した。

ポイントリーダーのフェルスタッペンは175点、今回メカニカルトラブルでノーポイントに終わったランキング2位のセルジオ・ペレスは129点のままで、ギャップは46点差に開いた。3位ルクレールは126点、4位ラッセル111点、5位サインツJr.102点と続く。

コンストラクターズチャンピオンシップは、1位レッドブル304点、2位フェラーリ228点、3位メルセデス188点、4位マクラーレン65点、5位アルピーヌ61点という上位の顔ぶれとなる。

【追加更新】
レース後、7位でゴールしたアロンソに5秒加算のペナルティーが科された。ゴール目前、アロンソが後ろのボッタスを抑えるためにラインを頻繁に変えたためで、これによりボッタスが7位、ジョウは8位に繰り上がり、アロンソは9位に降格した。またアルピーヌのポイントは4点減の57点となった。

(文=bg)

 
【F1 2022】第9戦カナダGPでフェルスタッペンが今季6勝目の画像拡大

関連キーワード:
F1 2022, モータースポーツ, 自動車ニュース