ローバー75(5AT)/MG TF(5MT)【海外試乗記】』の記事ページへ戻る
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MG TF160(5MT)【ブリーフテスト】 2003.12.17 試乗記 ……325.0万円
    総合評価……★★★★

    ハイドラガスの足を捨て、シャープな顔つきを得たMGの2座オープン。ハイスペック版「TF160」に、自動車ジャーナリストの森口将之が乗った。


  • ローバー75(5AT)/MG TF(5MT)【海外試乗記】 2003.7.18 試乗記 ローバー75(5AT)/MG TF(5MT)
    ……398.0/325.0万円

    あまりの赤字の垂れ流しに、親会社のBMWに見切りをつけられ、フォードに拾われたランドローバーとも切り離されて、2000年に捨て子同然になったローバー。しかしこのたび、英国の由緒正しいメーカーが日本に帰ってくる。
    約2年前まで『CG』長期テストで「ローバー75」に乗っていた『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が、英国で最新のMGローバーに乗った。


  • 第4回:ポルシェ911カレラRS 2.7 2017.3.30 スーパーカークロニクル 本来、「ポルシェ911」をスーパーカーの仲間に入れるべきではないだろう。しかしブームの真っただ中、「ロータス・ヨーロッパ」の宿敵として描かれた「ナナサンカレラ」だけは別だ。グループ4のホモロゲーションモデルの実力は、40年以上たった今もなお鮮烈だ。
  • モーガン・スリーホイーラー(FR/5MT)【試乗記】 2020.6.9 試乗記 モーガンが、自身の起源に深く関わるサイクルカーを、自らの手で復活させた「スリーホイーラー」。前2輪、後ろ1輪の車体に、鼓動感あふれる2リッターVツインエンジンを搭載したそのマシンは、日常を冒険に変えてしまう一台だった。
  • トライアンフ・ロケット3 R(MR/6MT)【レビュー】 2020.6.5 試乗記 胴体のド真ん中に2.5リッターの“超”大排気量エンジンを搭載した「トライアンフ・ロケット3 R」。0-60mph加速のワールドレコードを持つ英国製ドラッグマシンは、どんなジャンルやヒエラルキーにも属さない、唯一無二の存在感を放っていた。
ホームへ戻る