「JCCAクラシックカーフェスティバル Final ニューイヤーミーティング」の会場から

2019.01.31 画像・写真

2019年1月27日、東京・江東区青海の特設会場で、「JCCAクラシックカーフェスティバル Final ニューイヤーミーティング」が開かれた。

1977年に初開催されて以来、今日まで継続開催されているものとしてはわが国で最も歴史の古い旧車イベントであるニューイヤーミーティング(NYM)だが、タイトルにFinalと銘打っているとおり、今回で四十余年の歴史に終止符を打つことになった。終了する理由は諸事情によりとのことだが、2003年以来会場としてきた、船の科学館近くの青海臨時駐車場が東京オリンピック開催準備のために、今春以降使えなくなってしまうことが大きい。

NYMに限らず「モータースポーツジャパン」や「D1グランプリ」など、ここを会場としていた自動車イベントの存続が危ぶまれているわけだが、それはさておき、参加資格はこれまでと変わりはなく、原則として1979年までに生産された車両およびその同型車(クラブスタンドは1989年まで)。展示のメインとなる個人による出展台数は166台。前々回の202台から一気に121台まで減ってしまった前回よりは盛り返したが、クラブスタンドの件数およびそこに並ぶ車両は減少。また前回まではフリーマーケット(個人による出店)、オートジャンブル(旧車関連ショップの出店)と分けられていた物販コーナーはショップブースとして統一されていた。全体としての印象は前回とほぼ変わらず、会場内の空きスペースがやけに目についた。

往時を知る身としては寂しい印象は否めなかったが、NYMがこうした状況になったいっぽうで、現在では全国各地で数え切れないほどの旧車イベントが開催されている。だが、わが国にそうした旧車イベント、ひいては旧車文化を広めるきっかけとなったのは、間違いなくNYMなのである。その功績は決して忘れてはならないし、感謝しなければいけないと思う。

(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事