「横浜ヒストリックカーデイ 8th」の会場から

2019.11.15 画像・写真

2019年11月9日、神奈川県横浜市の横浜赤レンガ倉庫イベント広場で「横浜ヒストリックカーデイ 8th」が開かれた。「一日限りの青空展覧会」をうたったこのイベントは、歴史遺産である赤レンガ倉庫を舞台にヒストリックカーを展示することで、その魅力や文化を次世代に伝えたいという思いから、横浜在住の旧車愛好家が2012年に立ち上げた。

参加規定は1974年までに生産された、オリジナルの雰囲気を損なっていない国内外の車両(特認車両あり)。回を重ねるに連れて参加希望が増えているそうで、今回も会場キャパシティーいっぱいのおよそ160台が集まった。主催グループの人脈からBMC系を中心とする英国車が多いのが初回以来の特徴で、今回も60台弱を数えた。残りは各国のモデルが程よいバランスで並んでおり、全体としてはバラエティーに富んだ印象を受ける。毎回設定されているフィーチャーカーは、今回は「オープンカー」だったが、こちらも英国車をはじめ独、伊、仏、米、日のモデルがそろっていた。会場から、リポーターの目に留まった参加車両を紹介しよう。

(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事