「第64回SHCC大磯ミーティング」の会場から

2021.06.04 画像・写真

2021年5月30日、神奈川県大磯町の大磯ロングビーチで、湘南ヒストリックカークラブ(SHCC)主催の「第64回SHCC大磯ミーティング」が開かれた。1980年代後半に始まったこのミーティングは、駐車場内の特設コースで行われるタイムトライアル(ジムカーナ)を中心とするもので、初夏と秋の年2回開催されている。出場資格は1969年までに生産された車両およびレプリカを含む同型車、そして主催者が認めた車両で、排気量やチューニング度合いなどによって9つのクラスに分けられ、午前と午後の2回タイムトライアルを行い、ベストタイムを競った。

今回の参戦車両は約80台といつもよりやや少なかったが、会場にはそれらとは別に100台近いクラシックカーが展示された。これは「熱海HISTORICA G.P.」や「谷保天満宮旧車祭」などのイベントを主催しているオートモビル・クラブ・ジャパン(ACJ)、およびクラシックロータスのスペシャリストであるテクニカルショップ・ハッピーとのコラボレーションによるもので、ギャラリーはもちろん、参加ドライバーや関係者も大いに楽しませた。

近年ではレジェンドドライバーらをスペシャルゲストとして招聘(しょうへい)することがほぼ恒例化しているが、今回は「ガンさん」こと黒澤元治氏が初来場。「日産R382」を駆っての1969年日本グランプリ優勝をはじめレーシングドライバーとして活躍した後に自動車評論家に転身、ブリヂストンの高性能タイヤ「ポテンザ」や初代「ホンダNSX」などの開発ドライバーとしても高名である。そのガンさんは、オープニングでスピーチした後にデモランを披露した。

多くのクラシックカーが集まり、好天にも恵まれて大盛況だった会場から、出走車両を中心に紹介しよう。

(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事