ランドローバーのファンイベント「LAND ROVER DEFENDER DAY 2021」の会場から

2021.10.25 画像・写真

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、2021年10月16日~17日の2日間にわたり、長野県北安曇郡白馬村にて体験型イベント「LAND ROVER DEFENDER DAY 2021」を開催した。

同イベントはランドローバー車のオーナーやファンを対象としたもので、延べ800人が来場。大人気となっている新型「ディフェンダー」にスポットを当てたもので、走行コンテンツは主として同車の悪路走破性を実感できるものが用意された。今回のイベントがディフェンダーに特化された背景には、納期が長期化する今、成約を結んだ新しいオーナーに少しでもディフェンダーに触れてもらい、納車を楽しみにしてほしいというジャガー・ランドローバー・ジャパンの思いが込められていたようだ。また、現オーナーやファンが新生ディフェンダーの実力を体感する機会を設けることも目的とされていた。

加えて本イベントの開催は、2020年の公式イベントがコロナ禍の影響によりオンラインのみとなっていたので、ジャガー・ランドローバー・ジャパンにとってリアルイベント復活の重要な一歩でもある。広報部によれば、今後も状況を踏まえつつ、安心安全なイベントの開催を実現していきたいとのことだった。

今回は時節柄コンテンツも絞られたため、70周年のときのようなビッグイベントにはできなかったものの、日本各地からランドローバー車のオーナーが集合。愛車によるゲレンデドライブや、特設コースでのディフェンダーの“味見”などを楽しんだようだ。

ディフェンダーの魅力が凝縮された「LAND ROVER DEFENDER DAY 2021」の様子を、筆者の体験したコンテンツのリポートを含めてお届けしよう。

(文と写真=大音安弘)