クラシックカーラリー「第15回 コッパ ディ東京2021」の会場から

2021.11.26 画像・写真

2021年11月23日、「第15回 コッパ ディ東京2021」が開かれた。勤労感謝の日の恒例となっているこのイベントは、晩秋の都内を設定ルートに沿ってクラシックカーで巡り、途中の数カ所でPC競技(例えば20mを5秒で、30mを6秒で走行といったふうに、決められた区間を指定時間にいかに近く走れるかを1/100秒単位で競う)を行って、走りの正確さを競うラリーである。

2020年は新型コロナ対策として、スタート/ゴール地点(東京・港区東新橋 汐留シオサイト5区イタリア街の汐留西公園)での密状態を避けるべく、実施を11月22日、23日の2日(2回)に分けて参加車両を分散させた。22日が日曜だったこともあっての措置だったが、今年は通常に戻してワンデー開催となった。

今では首都圏では随一の希少なモデルが集まるイベントとしても知られるコッパ ディ東京だが、今回の参加車両は約120台。ルートはイタリア街をスタートした直後にPC競技を行い、最初のチェックポイントである神田明神でおはらいを受け、上野を経て浅草の今戸神社でおみくじを引き、柳橋で2度目のPC競技を実施。両国橋を渡ってから南下して豊洲市場~台場と回り、レインボーブリッジを渡って芝浦を経て三田に至る。例年ならここからイタリア街に戻るのだが、今回はそこから麻布、青山方面を巡るルートをプラスしたことで、全行程はいつもより10km少々長い約45kmとなった。スタート/ゴール地点およびルートから、エントリー車両を中心に紹介しよう。

(文と写真=沼田 亨)