100台の旧車が熱いバトルを展開! 「JCCA筑波ミーティングサマー」の会場から

2022.07.07 画像・写真

2022年7月3日、茨城県下妻市の筑波サーキットで、JCCA(日本クラシックカー協会)が主催する恒例の旧車レース「JCCA筑波ミーティングサマー」が開かれた。新型コロナ禍が始まって以来、JCCAでは富士スピードウェイでのイベント開催を見合わせており、すべてのイベントは筑波サーキットで開かれている。毎年、この時期は梅雨の真っ最中なのだが、今年はご存じのとおり観測史上最速となる梅雨明け後。となれば当日は酷暑に見舞われるかと思いきや、もちろん暑いのだが戻り梅雨の気配もあって、午後は時折小雨が降った。

今回のプログラムは1960~1970年代のスポーツカー/ツーリングカーによるP+S、S、Fの各レースと、B310型「ダットサン・サニー」とKP61型「トヨタ・スターレット」によるTSカップ クラブマンとマイナーツーリング、葉巻型シングルシーターによるヒストリックフォーミュラ、そしてダンロップのバイアスレーシングタイヤを履いたスポーツカー/ツーリングカーによるヒストリックマスターズという全7レース。エントリーは全レース合わせてちょうど100台で、ほかにスポーツ走行に38台が参加した。オイル漏れによるコース清掃やコースアウトした車両を排除するための数度の赤旗中断はあったものの、大きなアクシデントはなく、随所で熱いバトルが展開されたサーキットから、出走車両を中心に紹介しよう。

(文と写真=沼田 亨)