クラシックカーラリー「第16回コッパ ディ東京2022」の会場から

2022.12.02 画像・写真 沼田 亨

2022年11月23日、「第16回コッパ ディ東京2022」が開かれた。勤労感謝の日の恒例となっているこのイベントは、晩秋の都内を設定ルートに沿ってクラシックカーで巡り、途中数カ所でPC競技(例えば20mを5秒で、30mを6秒で走行といったふうに、決められた区間を指定時間にいかに近く走れるかを1/100秒単位で競う)を行って、走りの正確さを競うラリーである。首都圏では随一の希少なモデルが集まるイベントとしても知られるが、スタート/ゴール地点である東京・港区東新橋 汐留シオサイト5区イタリア街の汐留西公園に集まった今回の参加車両は、エントリーリストでは110台以上。ただし丸一日雨という天気予報を受けて若干の参加キャンセル、およびオープンカーからクローズドモデルへといった車両変更が見られた。

ルートはイタリア街をスタートした直後にPC競技を行い、最初のチェックポイントである神田明神で交通安全のおはらいを受け、上野を経て浅草の今戸神社を通過し、柳橋でPC競技を実施。両国橋を渡ってから南下し、晴海、築地を経由して青山方面に向かい、初の試みとしていちょう並木が見ごろの明治神宮外苑をぐるりと一周。そこから六本木、東京タワー周辺を経て汐留西公園に戻ってくる全長約38kmだった。あいにくの天候ながら、熱心なエントラントとギャラリーで盛況だったスタート/ゴール地点周辺およびルートから、エントリー車両を中心に紹介しよう。

(文=沼田 亨/写真=沼田 亨、コッパ ディ東京 実行委員会)