三菱、新型SUV「アウトランダー」などの新エンジンを発表

2005.08.05 自動車ニュース

三菱、新型SUV「アウトランダー」などの新エンジンを発表

三菱自動車は、2005年度に国内でリリースを予定する2車種、SUV「アウトランダー」と軽「i(アイ)」に搭載するエンジンを、2005年8月4日に発表した。

どちらも、アルミシリンダーブロックを用いた新型「MIVEC」(Mitsubishi Innovative Valve Timing Electronic Control)ユニット。高性能、低燃費、軽量コンパクト、低コストを目指したもので、2004年にダイムラー・クライスラーと共同開発した「4A9型」(「コルト」「コルトプラス」に採用)と共通のコンセプトに基づいてつくられたという。

今秋デビュー予定の「アウトランダー」に搭載されるのは2.4リッター直4(170ps、23.0kgm)。現行型エンジン比で5%出力を向上させる一方で、低燃費・低排出ガスを実現させたもので、アウトランダーは「平成17年排出ガス規制75%低減レベル」「平成22年度燃費基準+5%」をクリアする見込みという。

軽自動車「i」には、64psを発生する0.66リッター3気筒ターボチャージャー付きユニットを与える。こちらも全域低燃費、低排出ガスが謳われており、現行型ターボエンジンに対し燃費(10・15モード)を15%向上させるつもり、という。
同車は、このエンジンを45度傾斜させてミドシップするというユニークなレイアウトを採用。2006年初頭に発売を予定する。

(webCG 有吉)

三菱、新型SUV「アウトランダー」などの新エンジンを発表の画像

こちらは「i」用の0.66リッター直3ターボ

こちらは「i」用の0.66リッター直3ターボ

関連キーワード:
アウトランダー, 三菱, カーナビ/オーディオ/パーツ, 自動車ニュース

三菱 アウトランダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダー 2021.2.17 画像・写真 三菱が新型「アウトランダー」を発表。内外装デザインは従来モデルから全面刷新されており、フロントマスクにはより大胆な意匠の「ダイナミックシールド」が採用されている。三菱の未来を担うグローバルモデルの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • ホンダ・ヴェゼル 2021.2.18 画像・写真 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」が初のフルモデルチェンジ。クーペライクなスタイルをまとう新型が、2021年4月に発売される。それに先立ち世界初公開された、2代目ヴェゼルのディテールを写真で紹介する。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
  • マツダ3セダンX Lパッケージ/マツダ3ファストバックXD Lパッケージ【試乗記】 2021.2.10 試乗記 マツダのCセグメントハッチバック/セダン「マツダ3」が、発売から1年半を経て初の商品改良を受けた。外見は(ほぼ)そのままに中身を磨き上げたという今回の改良は、クルマにどのような進化をもたらしたのか? 開発者から聞いた“狙い”とともに報告する。
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
ホームへ戻る