伝統のブランド「デイムラー」復活! 8年ぶりにフルモデルチェンジ

2005.07.22 自動車ニュース

伝統のブランド「デイムラー」復活! 8年ぶりにフルモデルチェンジ

ジャガー&ランドローバージャパンは、2005年7月22日、「デイムラー」ブランドのニューモデルを発表。同日より予約注文受付を開始した。

「デイムラー」は、1896年に設立され、古くから英国御料車として使用されてきた高級ブランド。1960年にジャガー傘下になって以来は、ジャガーの上級モデルをベースとして、いくつかのデイムラー車がつくられてきた。

今回モデルチェンジした新型デイムラーは、「ジャガー・スーパーV8」と同様、4.2リッターV8スーパーチャージャーエンジン(406ps/6100rpm、56.4kgm/3500rpm)を搭載。これに6段ATを組み合わせる。ボディは「ジャガーXJ」のロングホイールベースモデルと同じ長さで、全長×全幅×全高=5215×1900×1455mm、ホイールベース=3160mmというディメンションだ。

基本コンポーネンツおよび装備はジャガーXJシリーズと共用される。すなわち、軽量&高剛性をウリにする、リベット接合や接着剤を使用したアルミモノコックボディを採用し、前後ダブルウィッシュボーン式となるエアサスペンションには、ジャガーでお馴染み、電子制御アダプティブダンピングシステム「CATS」が備わる。車両安定性を高めるDSCやトラクションコントロールも標準だ。
さらに安全装備として、前席フロント&サイドエアバッグ、前後カーテンエアバッグ、衝突安全システムを制御する「A.R.T.S.」(アダプティブ・レストレイント・テクノロジー・システム)を与えた。

デイムラーブランドの名に恥じない快適装備も充実。最上級レザーをふんだんに用いたインテリアには、象眼細工が施されたバーウォールナットのウッドパネルや、デイムラーの“D”ロゴが配されたヘッドレストなどが奢られる。
エクステリアで特徴的となるのは、フルーテッドグリルと呼ばれる独特なラジエーターグリルと、ホイール中央に輝く“D”のロゴだ。

ボディカラーは専用色「ガーネット」「ウェストミンスターブルー」を含む全6色。ステアリング位置は左右両方を選ぶことができる。価格は1680.0万円で、ジャガーXJの最上級「スーパーV8L」より160.0万円高い。

(webCG 本諏訪)

ジャガー:
http://www.jaguar.co.jp/jp/ja/home.htm

伝統のブランド「デイムラー」復活! 8年ぶりにフルモデルチェンジの画像



伝統のブランド「デイムラー」復活! 8年ぶりにフルモデルチェンジの画像



伝統のブランド「デイムラー」復活! 8年ぶりにフルモデルチェンジの画像



伝統のブランド「デイムラー」復活! 8年ぶりにフルモデルチェンジの画像

関連キーワード:
デイムラー, 自動車ニュース

デイムラー デイムラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • デイムラー(FR/6AT)【試乗記】 2006.3.4 試乗記 デイムラー(FR/6AT)
    ……1680.0万円

    「ジャガー」のトップモデルとして登場したのが「デイムラー」である。V8エンジンを積むモデルはほかにもあり、差別化のポイントは豪華装備と伝統にあった。


  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIエレガンス アドバンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.4.13 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」のマイナーチェンジモデルが上陸。セダンの最上級グレード「TDIエレガンス アドバンス」に試乗し、アップデートされたパワートレインや新世代インフォテインメントシステム、さらに進化した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
  • マツダMX-30 EVモデル ハイエストセット(FWD)【試乗記】 2021.4.7 試乗記 新型クロスオーバー「マツダMX-30」のラインナップ中、本命と目されるEVバージョンの販売がスタート。早速ステアリングを握った清水草一は、その走りを「EVの中では世界一」と評価する。だが、しかし……!
  • BMW M550i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.6 試乗記 最新の「BMW 5シリーズ」のなかから、「M5」に次ぐ高性能モデル「M550i xDrive」に試乗。パワフルかつ上質なパワートレインと、タフで洗練された足まわりを併せ持つ一台は、わずかな弱点はあるものの、見事な出来栄えのクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る