“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン【ジュネーブショー05】

2005.03.03 自動車ニュース

【ジュネーブショー05】“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン

ベントレーは、2005年のジュネーブショーに、新型4ドアサルーン「Continental Flying Spur」(コンチネンタル フライング スパーを世界初公開すると発表。2005年2月22日に、車両説明や写真を公開した。

「コンチネンタル フライング スパー」は、その名前、姿から想像されるとおり、「コンチネンタルGT」の4ドアバージョン。クーペ以上にラクシャリーな空間と、ニューコンチネンタルシリーズのスタイル、パフォーマンスを融合したという。ベントレー最高責任者のDr.フランツ・ヨセフ・ペフゲンいわく、「ハイパフォーマンスクーペの精神をもつ、贅沢な4ドアサルーン」だ。

幅と高さは2ドアのGTとほぼ同じだが、全長が503mm、ホイールベースは320mm延長され、全長×全幅×全高=5307×2118×1479mm/3065mmの堂々たる体躯を誇る。サブフレームなどにアルミニウムを採用して軽量化し、車重は90kg増しの2475kgに抑えた。

そのおかげか、エンジンはコンチネンタルGTと同じ6リッターV12気筒(560ps/6100rpm、66.3kgm/1600rpm)だが、0-100km/h加速はわずか5.2秒でこなし、最高速度は312km/hに達するという。

(webCGオオサワ)

ベントレー:
http://www.bentleymotors.com/

“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン【ジュネーブショー05】の画像



“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン【ジュネーブショー05】の画像



“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン【ジュネーブショー05】の画像



“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン【ジュネーブショー05】の画像

関連キーワード:
コンチネンタルフライングスパー, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー コンチネンタルフライングスパー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.11.1 試乗記 ベントレーの4ドアサルーン「フライングスパー」がフルモデルチェンジ。豪華なグランドツアラーでありながら“スポーツセダン”を名乗る新型は、そのうたい文句では伝え切れないほどの楽しさを味わわせてくれた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ911 GT3 RS(RR/7AT)【試乗記】 2019.10.15 試乗記 991型の集大成といえる「ポルシェ911 GT3 RS」に試乗。巨大なリアウイングをはじめ、ド派手なエアロパーツをまとった“スーパーカー”は、公道ではさぞ持て余すかと思いきや、さにあらず。おっかなびっくりのドライブでも十分に留飲の下がるクルマに仕上がっていたのだった。
  • BMW初のコンパクト4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」日本上陸 2019.10.31 自動車ニュース BMWジャパンは2019年10月31日、新型車「BMW 2シリーズ」のモデルラインナップに「グランクーペ」を追加すると発表し、同日、予約注文受け付けを開始した。納車は2020年4月以降に開始される予定だ。
ホームへ戻る