さほど高くない? 4ドア版「ベントレー・コンチネンタルGT」【ジュネーブショー05】

2005.03.03 自動車ニュース

【ジュネーブショー05】さほど高くない? 4ドア版「ベントレー・コンチネンタルGT」

2005年3月1日、100周年を迎えた第75回ジュネーブ国際自動車ショーが、プレスデイで開幕した。フォルクスワーゲングループ傘下、初のニューモデル「コンチネンタルGT」が好調のベントレーは、その4ドアサルーンバージョン「コンチネンタル フライング スパー」を発表した。

■「コンチネンタル」は絶好調

昨2004年、6000台を超える「コンチネンタルGT」を販売し、市場によってはいまだに1年以上のウェイティングリストをもつベントレーが、ニューモデルをローンチ。コンチネンタルGTをストレッチして4ドアにした「コンチネンタル フライングスパー」がそれである。

いかにもブリティッシュな名前をもつニューベントレーは、全長×全幅×全高=5307×2118(左右ミラー間)×1479mm。ホイールベースは、クーペより30cm以上長い3065mmに延ばされた。
フォルクスワーゲングループ肝いりの6リッターW12はターボで過給され、クーペと同じ560psを発生。6ATと組み合わされ、約2.5トンのボディを、停止から100km/hまで、わずか5.2秒でもっていく。四角い印象からは意外なことに、ドラッグ係数は、CD=0.31と悪くない。

日本へは、秋口に導入されそう。価格は「GTからさほど高くない」というから、2000万円+アルファといったところか。
なお、販売好調のベントレーは、英国クルー工場に加え、ドイツはドレスデンのフェートン用工場で、フライングスパーをノックダウン生産(!)することを発表した。

(webCG青木禎之)

さほど高くない? 4ドア版「ベントレー・コンチネンタルGT」【ジュネーブショー05】の画像



さほど高くない? 4ドア版「ベントレー・コンチネンタルGT」【ジュネーブショー05】の画像

関連キーワード:
コンチネンタルフライングスパー, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー コンチネンタルフライングスパー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
  • BMW X6 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.15 試乗記 SUVに流麗なクーペスタイルを組み合わせたクロスオーバーSUVの先駆け「BMW X6」がフルモデルチェンジ。最高出力265PSの3リッター直6ディーゼルターボを搭載する「xDrive35d Mスポーツ」に試乗し、多くのフォロワーを生み出した人気の秘密を探った。
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • 第176回:フェラーリ車両保険物語 2020.5.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第176回は「フェラーリ車両保険物語」。スーパーカー購入の最大の壁は、高額かつ審査の厳しい自動車保険。最低限の補償内容からフルサポートへと大出世を遂げた筆者の、血と涙の節約エピソードを紹介。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.5.13 試乗記 2.5リッターターボから4リッターの自然吸気へとエンジンが変更された「ポルシェ718ボクスター/ケイマンGTS」。まさかの“アップサイジング”を図ったポルシェの思惑とは? 新エンジンを得た新型GTSの走りとともに、ポルトガル・エストリルより報告する。
ホームへ戻る