「マセラティ・スパイダー」に90周年記念モデル

2005.03.02 自動車ニュース

「マセラティ・スパイダー」に90周年記念モデル

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは、マセラティの創立90周年を記念した特別限定モデル「マセラティ・スパイダー90周年記念モデル」の受注を、2005年3月5日に開始する。価格は1522.5万円。

世界限定180台の「マセラティ・スパイダー90周年記念モデル」。装備のみならず、性能の向上を狙ったアイテムを盛り込んだ内容だ。

低めのスポイラーを備えるフロントバンパーや、高速域での直進安定を図るためのサイドスカートで空力面を改善。さらにロールバーの後ろには、風の巻き込みを防ぎ空気の流れをスムーズにするカーボン製のフェアリングが装着される。

トランスミッションはF1タイプの「カンビオコルサ」だが、スポーツモードでは従来の「スパイダー」よりもギアシフト・スピードが35%アップされたという。

ボディカラーは記念の新色「Blu Anniversary」と、ヘッドランプフレームと同色の「Grigio Touring」の2色。ソフトトップはブルー仕上げとなる。

(webCG 有吉)

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド:
http://www.cornes.co.jp/

「マセラティ・スパイダー」に90周年記念モデルの画像



「マセラティ・スパイダー」に90周年記念モデルの画像

関連キーワード:
スパイダー, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • さらば「マセラティ・グラントゥーリズモ」 イタリアが生んだ名車の足跡をたどる 2019.12.2 デイリーコラム 2007年のデビュー以来、12年にわたり現役であり続けた「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」。イタリア・モデナが生んだ流麗なスポーツクーペ/カブリオレのモデルライフを振り返るとともに、マセラティの未来に思いをはせた。
  • 第153回:26歳、まさかのフェラーリ! 2019.12.3 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第153回は「26歳、まさかのフェラーリ!」。筆者主催のイベント「大乗フェラーリミーティング」でオーナーたちの素顔に迫る。“12気筒は世界一”を信じ、最年少オーナーが選んだ“ヤバい”モデルとは?
  • 第151回:黒まむしスッポン丸 2019.11.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第151回は「黒まむしスッポン丸」。2年半ぶりに出合った“鼻血モノ”は、やっぱりあのクルマだった! 「なぜ、コレ!?」という周囲の反応が相次ぐ中、買い換えに踏み切った、確固たる理由とは?
  • トヨタ・ヤリス プロトタイプ【試乗記】 2019.11.13 試乗記 “小さなクルマ”の既成概念を超えるべく、プラットフォームからパワートレイン、足まわりに至るまで刷新された新型「トヨタ・ヤリス」。発売前のプロトタイプ試乗会でわかった、その出来栄えは?
  • 第154回:ピュア内燃機関最後のきらめき 2019.12.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第154回は「ピュア内燃機関最後のきらめき」。フェラーリ史上最もパワフルな量産V8モデル「488ピスタ」に初試乗! フル加速で感じたターボエンジンのすごさとは? 自然吸気フェラーリを愛する筆者による衝撃リポート。
ホームへ戻る