トヨタ、「マークII」をマイナーチェンジ

2002.10.15 自動車ニュース

トヨタ、「マークII」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は、FRセダン「マークII」をマイナーチェンジし、2002年10月8日に販売を開始した。

内外装の変更やグレード変更が主な内容となる。
外観では、フロントのバンパー、グリル、ヘッドランプ部分や、リアコンビネーションランプ、ガーニッシュを新意匠化するなどした。
内装では、木目調パネルのドアスイッチベースを採用するとともに、一部グレードに、音声ガイダンス機能付きバックモニターガイドや、料金自動支払システム「ETC」ユニットなどをオプション設定した。
走りの面では、「2.0グランデ」と「iRシリーズ」のサスペンションについて、コイルスプリング・バネ定数を変更するなどし、乗り心地の改善を図った。
2.5リッター「iRシリーズ」に、2リッターエンジンが追加されたのも新しい。
福祉車両「ウェルキャブ」についても同様の変更を加えた。

価格は、「グランデシリーズ」が235.0万円から326.0万円、「iRシリーズ」が244.0万円から338.0万円まで。

(webCG 永瀧)

トヨタ自動車 「マークII」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/MarkII/

 
トヨタ、「マークII」をマイナーチェンジの画像

関連キーワード:
マークII, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ マークII の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • トヨタ・カローラS(FF/CVT)【試乗記】 2019.12.5 試乗記 自慢のTNGAプラットフォームに日本専用ボディーをかぶせた新型「カローラ」は、なるほどトヨタの意欲作かもしれない。しかし、日本市場を席巻していたかつての姿を知る者にとっては、新型のキラリと光るポイントを理解しつつも、要所要所で感じる雑味が気になってしまうのだった。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドX/ハスラー ハイブリッドXターボ【試乗記】 2020.2.6 試乗記 一代にして軽クロスオーバーというジャンルを築いた「スズキ・ハスラー」が、2代目にフルモデルチェンジ。ユーティリティー、装備の充実度、快適性、走りの質感と、全方位的な進化を遂げた新型は、開発理念にブレのない、完成度の高いクルマに仕上がっていた。
  • いきなり受注2000台! 新型車「トヨタGRヤリス」はなぜモテる? 2020.1.31 デイリーコラム 東京オートサロン2020で予約受注がスタートするや、たちまち大フィーバーとなったトヨタの高性能ハッチバック「GRヤリス」。その反響の理由と、モータースポーツにおける存在意義について識者が語る。
ホームへ戻る